紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしているユキコです。

 

毎日、時間に追われて、どうしたらゆとりある暮らしになるのかと考えていました。そんな折、大好きなエコナセイカツのマキさんのブログで私のために書いた(ような)本が出版されたので手に取りました^^


マキさんの『しない家事』を読んで

f:id:yukiko_tea:20160809075255j:image

今日は、シンプルライフ研究家でもあるエコナセイカツのマキさん・著『しない家事』を記事にしたいと思います。

 

最近の主婦系・仕事系雑誌で掲載されない月はないというほど、活躍しているマキさん。お仕事もされていて、素敵な朝食にシロップ作り、仕事着の制服化、パジャマはワンピで部屋着と兼用という、実用だけではなく素敵な暮らしが見えてきます。

「しない」をあえてクローズアップした本の内容で、その中で私がこれは!と思ったことをピックアップします。


マキさんのブログ

毎日を豊かに暮らすために

ご主人と暮らし始めた当初は何もできなかった。モノも多かったとカミングアウトから始まる章です。限られた時間をやりくりするために、モノを厳選して、シンプルライフとしてやっていることが詳しく書いてあります。

家事の9割は気の進まないことだから、残りの1割は自分のしたい事を考えることにしているそう!マキさんは季節のシロップ作りのことを考えながらお茶碗洗っているとか。私も真似をして、どんなパンを焼こうかなと考えながら家事をすると笑顔でいる自分に気がつきました^^

家族のために生きないとも書いてありました。
いつも、家族のために考え用意し、自分の食べたいものを後回しに、家族のペースに振り回されている自分に気がつきました。

時間に追われてアタフタしないために

この章全て、私の最重要事項です!
いつもアタフタしてうまく1日を過ごしていないと感じていました。そして、「毎日の生活リズムを整える」を今月の目標として密かに取り組んでいました。

毎日の生活を変えない』『時計を気にしてチラチラ見ないどれも深く心に響きます。大学生もいる我が家ですので、家族に合わしていると、自分のペースが狂います。

まわりを自分都合で動かすそれが私にできていないことでした。

楽しく台所仕事をするために

献立を買い出し前に決めないそう言い切ってくれてホッとしました。
ここ最近は特売日に買い物に行けるようになりました。その日だけ新しいレシピを作りたければ1品分だけ買い物してもいいことにしています。それ以上作ろうとすると買い物も冷蔵庫の中も頭の中も混乱してしまうからです。その時に売ってる新鮮で季節の野菜を買う楽しみと料理。ずいぶんと楽になりました。そして、まとめ買いができない私でも週2の買い物で済ますことができそうな予感がしてきます!

同時進行で家事をこなす野菜炒めをしながら洗い物をするとのこと。やっちゃいけないことだと思っていました。実はやっていたんですけど。そう思ったら、ずいぶんと調理時間が短縮できました。半調理・作り置きも参考になることばかり。

お手入れや掃除の手間を減らすために

シンプルライフから考えることが列記されています。

その中で、「定番が決まると時短に」→買い出しリストを作っておく(メモしておく)→「楽天市場」「無印良品」などの調味料や服などの定番ものの購入場所ごとに買い出しリストを作っておく・・になるほどと思いました。
一応、やってはいましたが、ドラッグストアなど近所店舗リストでした。ネットで購入するものも早速リスト化しました^^

私時間を充実させるために

休日は予定を入れない子供が小さい頃の休日はお出かけ大好きな夫が月に何度もファミリーパークへ出かけていました。帰宅してから私がバタバタ家事をする恐ろしさ。ワーキングママではなかったからやれたことですが、今思い出しても、楽しかったというより頑張ったという気持ちしか思い出せません。。。

家族の仕事を減らさないなんでも1人でやろうとしてしまいます。子供も大きくなったというのに抱え込みます。そして爆発します。。。大きな課題です。

SNSをやめて得た解放感子育てしていたときになくてよかったと思うものにSNSがあります。なかったから自分の時間も確保して子育てできた、あったなら確実に私は時間をそれに割いていたと思うからです。そして今、そのSNSは私の時間のかなりを占めています。
教室などをやっているので便利なツールでもありますが、自分に合わないものは早速手放します。


まとめ

本来は、子供が小さいワーキンマザーを応援する本なのだと思います。
実際、そのヒントがたくさん散りばめられていて、この本があったならこの時代だったなら私も上手に仕事を辞めずに働けたのではと思うものばかりです。

今回は、子供が大きい、バリバリ働いていない、そんな私の目線からの感想を書き連ねてみました。子育て目線からの感想、家事を効率化する感想も別に書けそうな充実した内容となっています。

お題にもなっている「必要最低限の豊かな暮らし」は帯表紙に書いてあった文です。必要最低限のモノから始まる、好きなモノに囲まれた暮らしに小さなシアワセが散りばめられた生活は、きっと誰もが感じることのできる温かい気持ちを思い出すのだと思います。*マキさんはミニマリストではないとブログのコメントで答えてくれました♪シンプル素敵ライフです!

モノではなく、ヒトに主導権のある生き方を目指したいです。

子育て中の方はもちろんのこと、子育てとは関係なく、暮らしのヒントが満載の本を、多くの方に手に取っていただきたいです!



こんな記事もどうぞ

▸シンプルライフのおすすめ本はこちらへ
▸シンプルなお肌のお手入れはこちらへ
▸少ない服で暮らす記事はこちらへ

↓ 読んだ後にこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ