紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

オキシクリーンを購入して早1か月が過ぎました。

オキシクリーンを使って良かったこと。控えた方が良いことを記事にしたいと思います。


オキシクリーン掃除のススメ&控えたことがよいこと

ポットやカップなどの茶渋

f:id:yukiko_tea:20160727120426j:image

オキシクリーンと湯をシンクにためて、鍋やケトル・五徳の他に、毎日何度も使うポットやカップなど茶渋が気になったものを隙間に入れています。
ピカピカ~になります!
ステンレスの掃除は得意なので、回転式茶こしも一緒に入れましょう。

↓ お鍋1つで、簡単オキシクリーン漬けはこちら♪


 

鍋をオキシクリーン漬け

f:id:yukiko_tea:20160719120006j:plain 


  
↓ これがあると便利♪



f:id:yukiko_tea:20160704103313j:plain

ステンレスの鍋たち。(以前掲載した画像です)

汚れがない所はさらに美しく!夜でも輝いています!

 

f:id:yukiko_tea:20160727120434j:image

こちらの鍋は、ようやくここまできれいになった写真です。スミマセン!

磨いてもすぐ汚れるので放置20年。底の厚い焦げが側面まで真っ黒だったのです!つけ置きして、毎回、ステンレスたわしでガシガシこすって、ようやくここまでたどり着きました。

こういう汚れは、オキシクリーン漬け後、ステンレスたわしでこすらないと取れないです。実際まだ取れ切れていません。だいたい4~5回はしていてこの状態。。。

鏡面加工のステンレスにステンレスたわしはご法度ですので、自己責任でご使用ください。。。



五徳・ガス台もオキシクリーン漬け

こちらもまだ完全ではありませんが、新品の美しさになってきました。
入居1週間は毎日磨いていました。それでも取れなくて諦めたんです。毎回、オキシ漬けしてはステンレスタワシで磨いています。





換気扇はNG

換気扇もオキシクリーン漬けしてみました。

f:id:yukiko_tea:20160727124336p:plain
うちの換気扇の中には、プロペラが回っているタイプです。
この換気扇の中央の部分は、オキシクリーン漬けにより、ぶよぶよと塗装がおかし気なことになりました!

プラスチックの塗装がされている部分にオキシクリーン漬けはご法度!

f:id:yukiko_tea:20160727124538p:plain
レンジフードの中のカバーがグレイに塗装されている部分も、元々スポンジでごしごしするだけで塗装が剥がれてきます。
オキシクリーン漬けしたら・・・一斉に塗装が剥がれる事件勃発!
*スポンジで塗装が剥がれるものは、オキシクリーン漬けはできません!



お風呂もオキシクリーン

お風呂の浴槽に濃いオキシクリーン溶液を作り、イス・洗面器・フタを漬け込み、風呂釜汚れの掃除もしました。

風呂釜はキレイでした。イス・洗面器もきれいだったため付け込まなくてもよかったような気も。



お風呂のフタ

f:id:yukiko_tea:20160727120440j:image
あとで、気づいたのですが、蛇腹型の浴槽フタのプラスチック部分が変色(脱色?)していました。
念には念を入れるタイプなので、濃度が高かったのかもしれません。
次回からは、いつも通り、泡ハイターできれいにしようと思いました。。。

プラスチックの硬度が低いものには、オキシクリーン漬けはご法度!



玄関のタイル床にもオキシクリーン

1~2か月に1度ペースで水洗いする玄関のタイル。
デッキブラシと洗剤で取れにくいシミに効果がありました。





ブロック塀にもオキシクリーン

f:id:yukiko_tea:20160628144258j:plain

ブロック塀も、洗車たわし&靴洗いたわしでゴシゴシ後、オキシ漬けしました。ここまできれいになった図です、一応。(築11年です)



まとめ 

我が家は築11年ですから、多少の失敗は笑って許せますが、新築の方にはショックでしょう!ということで、失敗談も盛り込んだ記事にしました。

1週間に1度、オキシ漬けをしばらく楽しもうと思っています^^

毎週漬け込みたいものは、汚れがまだ取り切れていない五徳と魚焼きグリル部分、ステンレス鍋1つ。ケトルも毎週リセットしたいところ。ついでに、ポットやカップも漬け込み、きれいを保ちたいと思います。ガス台はそろそろ寿命なんですけどね。。。

 

f:id:yukiko_tea:20160727130402j:image

ブックマークで質問がありましたので、こちらも画像を載せます!

ステンレス掃除が得意なオキシクリーン漬けした後のシンクです。
漬け込んだ境界線がきっちりついています。初めての時はキレイとそうでないところの差が歴然としますので、満水近くまで漬け込むといいのかなと思います。溢れさせないように気を付けましょう! 

オキシクリーンは60度で溶かし使いますが、洗剤の濃さははじめは控えめに効果を見たほうがいいですよ!



↓ LINEで更新情報が届きます♪