若い頃、友達に誘われて予定を合わせているときに、もう1人の友人が言いました。
「その日の午前中に予定があるから、その日は参加しないわ」と。
予定合わせをしているのは、その日の午後。
午前に用があるから、バタバタするので午後は約束しない。そんな調整の仕方があることを初めて知りびっくりしました。
あれから時が過ぎ、予定の入れ方を日々改善中です。

自分がラクになる予定の入れ方

なぜ予定に追われるのか

予定を聞かれて、その日が空いていれば予定を入れます。
その結果、私の場合、慌ただしく過ごしてしまうことになるようです。

その週、月の他の予定とのバランスを考えずに、予定を入れているから時間に追われるのだと気づきました。

週・月単位で予定を考える

まずは週・月単位で自分自身の予定を組みこむことにしました。
  1. 仕事の予定をパターン化して組み込んでいく。
  2. 毎月決まっている習い事も書いていく。
  3. 週に1日は予定のない日を作る(できるだけ死守する)
私の場合は、週の前半に仕事。
週の後半は、習い事は月前半に(元々)レッスンは月後半に。
月後半は来客があるから、月前半に中掃除を集中させるなど。

ここ数か月、このようにスケジュールを先に組んでいくと、そんなに自分のフリーの日がないことに気づきます。
誘われても予定が合わなければ、縁がなかったと流すことにしました。
その結果、週単位・月単位で予定のルーティン化ができてきました。

予定の時間の切り上げ方も考えておく

予定の時間が長引くことはないですか。
一応、時間はこのくらい・・・と思いつつ、長引くことも考えてこのくらいになったら切り上げようという時間も考えておくようにしています。

楽しい時間は長引くもの。
それでも、自分が思っているように相手も同じように感じているかもしれません。
*一応1~2時間オーバーも視野に入れた時間を組むようにしています。
仲の良い気ごころが知れている人でしたら、最初に解散時刻を決めてしまうのがいいかもしれません。(スマホでアラームを設定するのがお勧めです)
帰宅してからのバタバタを回避できます。

自分がラクになる予定の入れ方は自分主導で

今まで、人の予定に合わせて自分の予定を組んでいたようです。
自分主導で予定を組んでみたら、自分がラクになりました
そして、「自分がラクだと相手もラクなんだよ」と最近ばったり会った懐かしい人に言われました。

以前のように、予定をたくさんこなせないと思ったら、一度予定の入れ方を考え直すいい機会なのかもしれません。

おすすめ記事

‣シンプルな時間の使い方を模索する私の
【時間】カテゴリはこちらから
‣シンプルライフをめざす私の
【シンプルライフ】カテゴリはこちらから

‣暮らし方が参考になるシンプルライフの
【読書】カテゴリはこちらから


*****
image
おはよう!ガッチャン♪
涼しくなったので丸くなっていることが多くなってきました^^

*ランキングに参加しています*
↓ 読みましたらこちらをぽちっとしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪