今まで何度も質問された「結婚を決めた理由」。
そのたびに、私が答えるとそんな方法があるんだ~とびっくりされます。

いつか書きたいなと思っていました。
このブログに書く意味はあるのかわからないけれど、その決断に自信が持てなくて思い悩んでいる人がたどり着くこともあるかもしれない!
責任は持てないけれど、参考になれば幸いです。。。


私が、結婚を決めた理由

images (2)

「結婚はよく考えたほうがいい」ということ

私が10代の終わりごろ、恩師の家に伺った時に言われたことがあります。
「(結婚は)よく考えたほうがいいよ」と。

私、その先生の授業がとても大好きだったのです。
担当は家庭科で、その先生が中学に赴任してきてから、古い家庭科室が可愛くきれいに変わってさまを見るのが大好きでした。
冷蔵庫の管理の考え方やノート作り、実習や手芸。自分の部屋を描くという宿題までありました。
もっと先生に授業楽しかったと伝えればよかった。
今でこそ、心の声がすぐ出て気持ちをストレートに伝えられるけれど、あの頃は控えめな性格だったんです。(たぶん)

その先生のお宅は、パイン材のシンプルカントリーちっくなインテリアで素敵でした。
突然伺ったのに、とても片付けられていて理想の家。

だけど、先生が結婚した相手は、社交的でつきあいが忙しい人。
休日も誘われたら遊びに出て行ってしまっていたようでした。
お相手は、私も知っている、明るく人望も厚い先生でした。

性格や相性も大事だけど、一緒に暮らしていこうとなるともうちょっと違う視点で考えなくちゃいけないと感じました。


自分の父から学ぶ

私の父は、自営業でバリバリと仕事をこなしている人でした。
だけど、お酒を飲んで、飲まれるタイプ。
ある時は大騒ぎで帰ってくる。ある時は泣いている。ある時は母に暴力を振る。
休日も家にいなかった。

そんなわけで、「よく考えて」みました。
お酒に飲まれたり、暴力的な人は却下。お金の使い方は荒くない人がいい。
休日はゆっくりまったり過ごせる相手がいい!


結婚生活をシミュレーション

だから、結婚するときには、「この人と結婚したら、こんな休日かな~」とシミュレーションしてみました。

「温かい部屋で、2人のんびりまったりと過ごしている」。
その思ったのが、夫です!

「休日はでかけてしまい、いつも1人家でぽつんと過ごす自分」
「相手の友達と話も合わず、困り顔の自分」
そんな相手との暮らしが想像できてしまうのは、危険信号。

結婚を考えたら、どんなに好きな人だとしても休日の1日を想像してみる
*それぞれの休日のパターンをシミュレーションするのもよさそうです。(臨機応変に)
ホっとするのか緊張するのか、嬉しいのか悲しいのか。
意外な視点から見えてくることがあると思います!

今は出会いがないという時代です。
お見合いもまた見直されているとか。
↓ こんなネットの出会いも脚光を浴びていますね!
恋活の始め方

今の夫婦の形

さて、結婚27年目の私たち夫婦。
すっかり恋愛から人類愛へ。運命共同体のようになっています。

結婚してすぐの頃の話。

夫:何があっても離婚ないからね。(古い考えから)

私:う~ん、嫌になったら離婚という手続きしないで、失踪するから大丈夫!

夫:・・・(絶句)。

…というわけで、夫は緊張感持ちながら、暮らしています(笑)

アルコールが合わない体質の夫は付き合い程度で飲むくらい。
付き合うときにパチンコもやめました。
ペットが好き同様、子供好き。
実家問題の時でも冷静に対処してくれる頼もしい人です。
・・今度からもっと優しくしよう。。。

皆さんの結婚を決めた理由はなんですか~^^

*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村テーマ

▷やっぱり好き MUJI 無印良品

▷すっきり暮らす

▷日々の暮らしをシンプル&豊かに

▷シンプル・ミニマルライフのファッション

▷ゆるミニマル


*LINE読者登録1800人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪





securedownload (6) - コピー