ただ今、GW。
連休という方も多いでしょう。
うちの夫もお休みです。
かなり疲れていて、帰省はしない宣言していました。

昨日は、スパ的な温泉と岩盤浴に午前中に出かけてきました。
とてもリフレッシュ&リラックスできたようです。
そして、今朝、突然のまさかの「帰省してくる宣言」。
ひとりで楽しくお出かけしていきました~!行動早い!置いて行かれた!

そんなうちの夫婦の、ひとり時間の部屋作りとは。。。


休日の、ひとり時間の部屋作り

家族でも、ずっと四六時中同じ空間にいるのは息が詰まってしまうもの。
夫婦ももちろん、そう。
新婚の頃にそうではなかったのはミラクルです!

私の、ひとり時間の場所作り

FullSizeRender
寝室に、無印良品の折り畳みテーブルを置いています。
ここが私の、ひとり時間の空間。



FullSizeRender
パソコンや、手帳にノート、紅茶。
本を読んだり、なんでもできる!

折り畳みテーブルなので、レッスンには1階に移動。
2つあるので、夏には娘がここで過ごすことも。
受験の時には、図書館のように使っていました。




FullSizeRender
今は、私のベッドだけ置いている寝室。
自主的に1階で寝てくれている夫(いびきの爆音)の使わないベッドは立てかけて、夏の娘のベッドにしています。
普段は、ネコが歩いています♪



狭くても、ひとりの空間を作る

夫婦2台のベッドを並べていた時は、さすがに折りたたみテーブルを置ける幅はなかったはず。
奥行きの狭い組み立て式の本棚を作って、そこをテーブル代わりにしていました。
いすはベッド。


社宅住まいの頃は、ダイニングとリビングの間に、仕切りの扉1枚分の壁がありました。
私は、ダイニングテーブルのその壁を背に、ひとり時間を満喫していました。
子どもが登園してから、仕事が終わってから、子供が寝てから。
どんなに疲れても、その20~30分の時間を取れば、元気になれました。


もちろん、そういう仕切りがない、リビングとダイニングがつながっている空間もありました。
そして、今の家もそうです。それは本当に失敗。

だけど大丈夫。
正座したい時には、私はアイロン台をテーブル代わりに使ってるくらいですから。
台がなくても、壁によしかかってひとりで本を読む空間があればいいんだと思います。
狭いくらいの方が安心できるような気もします^^



家族円満に、ひとり時間の部屋つくりのススメ

夫が定年したという奥さんが、「リビングで過ごす時間を夫婦でダブらないようにしている」という話をしていました。

子どもが小さくても同じ。
子どもの相手を少しでも交代して、それぞれのひとり時間をたいせつにできると平和な家庭が増えるんだと思います!

残りのGWは、夫婦でひとり時間の部屋つくりをしてみませんか^^


*****
IMG_9929
玄関先のつるバラのアイスバーグが咲きました♪
対馬紅茶×ゴディバのチョコで紅茶時間。
ちょっとしたことだけど、自分にゆとりがあるともっと周りに優しくできる。
だから、今日も自分を甘やかそう!

にほんブログ村テーマ

▷やっぱり好き MUJI 無印良品

▷すっきり暮らす

▷日々の暮らしをシンプル&豊かに

▷シンプル・ミニマルライフのファッション

▷ゆるミニマル


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録1900人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪



image