ゆとりあるシンプルな暮らし

紅茶時間をたいせつに*大学生の子供と犬ネコのいるシンプルライフ♪

カテゴリ:雑記 > 読書

暮らしの本は色々出ているけれど、昔から愛読していてファンなのは、金子由紀子さんです。なぜなら、ユキコだから?それもきっかけではあるけれど。*しかも私と同じ漢字だからなおさらではありますが。文学部卒で出版社勤務を経ているせいか、読みやすくわかりやすい。今ま ... 続きを読む
暮らしの本は色々出ているけれど、昔から愛読していてファンなのは、金子由紀子さんです。
なぜなら、ユキコだから?
それもきっかけではあるけれど。
*しかも私と同じ漢字だからなおさらではありますが。

文学部卒で出版社勤務を経ているせいか、読みやすくわかりやすい。
今までの(お仕事で)幅広い方との交流から見える暮らしへの考え方も好きです。
そして、元々暮らし方がどこか似ているような気がして(図々しい)共感を持てて参考にしています。
この夏に出版された『ちょうどいい暮らし』を読んでみました。

『ちょうどいい暮らし』を呼んで、自分サイズの心地よさを考える

image

総合情報サイトAll About「シンプルライフ」のガイドとして活躍中です。
子ども2人のお母さんでもあります。
私もずっと、「ちょうどいい暮らし」を模索しています。
まだ道半ばですが、とっても楽しいですよ。だって、私のためにあるわけじゃないこの世界を、隅っこからこっそり、自分仕様にしてしまおうとしているんですから。
誰にも気づかれずに、この世界一地味な世界征服を、ご一緒にいかがですか?
(「はじめに」から抜粋)
私も一緒に、自分仕様で地味な世界征服計画に参加させてもらいます!

第1章「素敵な暮らし」って何?

素敵な暮らしぶりが投稿されるSNSで疲弊していませんか?
実際は、普段の暮らしの一瞬を切り取った写真なのですが、ずっとそんな素敵な暮らしをしている人はほぼいないのではないでしょうか。

帯表紙に「幸せになりたいですか?それとも、幸せにみられたいですか?」と書かれていますが、幸せにみられるために頑張っている人もいるのかなとふと考えたりしました。

「ちょうどいい暮らしのススメ」と題して、素敵な暮らしをしたいのなら素敵な暮らしになるような「行動」が必要と書かれていました。
ちょうどいいは、今のままでいいではなくて、そのちょっと先をいく自分軸の幸せな暮らしなのですね。

そして、「今いる自分、今住んでいるこの家、今持っているもの、今ある技術」だけでできるところから、理想の暮らしをはじめてみようと書いてあります。

まずは、今の自分をまるごと認めて、ちょうどいい自分仕様の幸せなくらしをめざすということです!


第2章 「普通のごはん」のレベルとは

日本人の料理のレベルのはとても高いですね。
キャラ弁などは海外でも驚きの声が上がっています。

私にはそこまでの調理能力もないし、私がお弁当に求めるのは、美しさではなくて「作りやすく、食べやすく、汁もれしない(←大事)」なことだからです。(抜粋)

大笑いしてしまいました!その通りです。
私はパンを焼くので、その研究(練習)のために作ったりしていますが、きっと娘は焼き肉丼などのおやじ弁当を食べたいだろうな~と思ったりしています。(たまには作ろう!)

「おなかと心が満たされ、生きる活力となること」
本来、食はシンプルな事だったのですね。

シンプルな台所道具と食品管理、収納などが挿絵と共に書かれていて、とてもわかりやすいです。
また、知っておくと便利な時短レシピも載っていて、本当にシンプルな考え方とレシピで心が軽やかになりました。


第3章 居心地のいい家の作り方

目指すは、「こざっぱり」が続く暮らし

片付けの優先順位5つが書かれています。
ポイントを押さえれば、ずいぶんと家の中も違って見えると納得しました。
ため込まないシステムや、暮らしやすい家にするための収納のコツなど。
どこか私のざっくり収納を連想させる感じがまたツボです!

家族にも「ちょうどいい暮らし」というページが特に心に響きました。
自分自身がモノを減らしたいからと、家族が疲弊するのは避けたいものです。

年頃の女の子は、自分好みのシャンプーを使いたがるものです。
私自身もそうだったので、我が家も娘のシャンプーが別にあります。
家族皆同じでもいいけれど、それに全部従ってしまう子の方が心配になってしまいませんか?(本人が本当にそれでいいのなら別ですが)

皆が暮らしやすい家になるように、着地点を見つける、折り合いをつけることが大事だということに納得しました。

第4章 ちょうどいいクローゼットに変えよう

「いつも同じ服でいいじゃない」と金子さんは言われています。
私もいつも同じです(!)
とても落ち着くし、似合っているし、クローゼットもすっきりしていて気持ちいいものです。

「ちょうどいいクローゼットの作り方」で、シチュエーション別のお出かけの服も用意しておきましょうとのことです。
最近、お出かけ用の服を最小限用意するようにしています。
やはり、予定近くなってから慌てないように、自分に似合っている服でお出かけすることはとても気持ちいいものですから。
表もあり、自分計画を立てるページもあるのでお勧めです!

第5章 人付き合いも、ちょうどよく


「誰とでも仲良く」はムリ!と書かれています。
だいたいの人とそれなりに話せたりするので、後で、疲弊することもあります。
人付き合いは頑張らなくてもいいのですね。

「関係が濃くなったら、薄める」距離感はとても大切です。
大きな集団での身の置き方も書かれていて、幼稚園や学校などの人付き合いのコツや離れ方などもわかりやすく書かれています。

自分自身の性格を知っておくと対処のコツなどもわかりやすいかもしれません。

↓ 性格判断もお勧めです!



ちょうどいい暮らしとは

ちょうどいい暮らしとは、自分が自分らしくいられて、自分に満足できる幸せな日々を送れることなのだと思います。
毎日のちょっとした嬉しい事、ホッとしたことなどが、笑顔を作って穏やかに生きていける。
それが周りに連鎖していって、ちょうどいい暮らしは作られるのかなと感じました。
一緒に、自分仕様で地味な世界征服計画に参加してみませんか?

*****
image
読書好きな娘からお勧めされたので読み始めました。
まだ少しだけなのに、がっしりと心つかまれました。
読書っていいですね!

*ランキングに参加しています*
↓ 読み終わりましたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪





ブログ『cozy nest 小さく整う暮らし』のオズ(尾崎友吏子)さん・著『ミニマリストの持ちもの帖』を読みました。本や雑誌、テレビの特集などでメディアに出られているオズさんのブログは、実は毎回しっかりとチェックしています。なぜなら、文章に無駄がなく、独特な切り口 ... 続きを読む
ブログ『cozy nest 小さく整う暮らし』のオズ(尾崎友吏子)さん・著『ミニマリストの持ちもの帖』を読みました。

本や雑誌、テレビの特集などでメディアに出られているオズさんのブログは、実は毎回しっかりとチェックしています。
なぜなら、文章に無駄がなく、独特な切り口でわかりやすくミニマムな暮らしについて語ってくれるからです。
私好みでもあるインテリアは、シンプルな部屋で風通しよく、見ていて気持ちよいものです。


本『ミニマリストの持ちもの帖』を読んで

image
まず、この本を手に取って、この装丁の美しさにほれぼれしました。
絵は、可愛らしさもあるシックなデザイン。
汚れをはじくような素材で日焼けもしなさそう。
よく考えられているとしばらくじっと見つめてしまいました。

オズさんが結婚してから20年。
日本の「道具(ツール)」と飽和状態になってる今。
それを解消するミニマリズムというツールで、機能的×効率的=愛着を持つという図式の持ちものの定義を垣間見ることのできる本になっています。

1.台所用品

育ち盛りの男の子3人の5人家族。
食器もシンプルで良いものを厳選して選んでいます。

水筒は11個ですが、たしかミニバスをやられておるお子さんがいると思います。
うちも下の子がミニバスをしていたので、よくわかります。必要な数です!

オズさんもお子さんもお茶を飲む時間を大事にしているのが伝わってきます。
何がなんでも少ない方がいいではないところがとても共感が持てます。

2.住用品

オズさんの包丁と鍋セットがとても機能的で好きです。
どちらも20年愛用していて、大事に使っているのが伝わってきます。

作りおきおかずを入れる容器がとても多いです。
デザインや大きさが統一されていることで冷蔵庫を開けるたびにシアワセな気持ちに浸りそうです。
お子さんが食べ盛りだから、必要なものは買うという姿勢も大事だと思いました。

家具もシンプルなものを場所を変えて使っていく。
キッチンや家電も吟味していく。とことん妥協しない。
モノ選びが最初からぶれていないので、いいものを長く愛用している姿勢を感じます!

3.衣類

結婚前は400着以上の服を持っていたというのは有名な話。(私の中で)
自分のスタイルを決めて、今着るものだけを持つ。大事に使い切る。
クローゼットの中が色であふれていなくてとても美しい。
下着や寝具までのこだわりを知ることができる章になっていて、なんども眺めたいところです。

4.家族のもの

防災関係、思い出の品の持ちものの章です。
防災関係をこんなにもきちんと選んで管理しているのを私は見たことがありません。
家族がみてもわかりやすく整えられています。
思い出の品も、なんでも捨ててしまうということもなく、大事に向き合っていることがわかります

5.その他

祖母の足踏みミシンをメインテンスもして大事に使われています。(70年ほどの品)
ハンガーのひと手間から、化粧用品、ストック用品など、どれも管理しやすく使いやすい。

私もこのハンガーの使いやすくするアイディアが気になっていました。
やっぱり、うちでも取り入れたいと思います!



おわりに

この本は、5人家族のミニマリストの持ちものではありますが、必要なモノはもつ。モノを選ぶときは吟味する。長く愛用する。ということがよく伝わってきます
これから家族を持つ方にも、モノ選びを迷う夫婦にも、ぜひとも読んでいただきたい本です。
今までとは違って、文字より圧倒的に絵が多いのでパラパラと眺めることもできます。写真が見たいなと感じたなら、以前の本と比べてみるのも良さそうです!

オズさん、良い本をありがとうございました^^



*****
image
今日の娘のパン弁当♪
先週作ったピタでサンドを作りました!(冷凍しておきました)
Rinさんからもらった素でタンドリーチキンとポテトサラダの2種類。
これにスープと紅茶を添えました^^


↓ この本を読んでみたい!お弁当おいしそう!と思ったら
こちらの写真をポチンと押してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪


紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。   昨日は往復2時間電車に揺られてお出かけしました。(結局3時間強でした・・・汗) そんな時は本を読むのに限ります。スマホもいいけれど目が疲れるので 沖幸子さん著『50過ぎたら、ものは引き算、心 ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

昨日は往復2時間電車に揺られてお出かけしました。(結局3時間強でした・・・汗)

そんな時は本を読むのに限ります。スマホもいいけれど目が疲れるので

沖幸子さん著『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』の掃除の章から、記事にしたいと思います。

タオル1枚で掃除上手*本『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』を読んで 

バッグに入れられる大きさの文庫本の中から、こちらの本を購入しました。

もう数年でそんなお年頃に突入するので、早めに対策をと読むことにしました。

沖幸子さん流*年を重ねても体がつらくならないそうじのコツ

沖さんは、元々掃除嫌いでしたが、ドイツで暮らした経験をして、掃除サービスを始めた経歴の持ち主です。

この文庫の帯には「NHKあさいちに出演で話題!」と書かれていました。

その掃除のコツとは、「タオル」で拭き掃除するということでした。

  • 道具や洗剤はシンプルに
  • 汚れる前にさっと拭き掃除「汚れの引き算」
  • 同じ動作を「同時に」「長時間」しない:5分で取れない汚れはそれ以上やってもとれない
  • そうじの時間と場所を決める

沖さんの行っている自宅の掃除方法は

毎日の我が家のそうじは、「拭くだけ」。

床は、週に1度、5分の時間を見つけ、気になる場所だけ、掃除機をかけたり拭くだけです。

毎日、タオルでちょこちょこと家事のついでに拭いているおかげで、汚れを未然に防ぎ、きちんとした掃除時間を改めて確保することなく、きれいに保てるのですね。画期的です!

私のタオル(雑巾)は無印良品

f:id:yukiko_tea:20170417105009j:plain 

▶無印良品のオーガニックコットン混その次があるやわらかフェイスタオル

こちらが私の雑巾です。

使い終わった「無印良品のオーガニックコットン混その次があるやわらかフェイスタオル」をカットして雑巾にしています。

 

f:id:yukiko_tea:20170417105015j:image

洗面所のクローゼットの上段の白いカゴにいれています。

 

f:id:yukiko_tea:20170417105021j:image

洗濯洗剤と一緒にざっくり収納。

計4枚あって、1枚は月曜朝にする床の拭き掃除をした後で、ベランダに干しています。

今まで、ダスキンもあるし、マメに拭き掃除はしていなかったととても反省しました。風呂掃除の後に、水気を拭き取る、洗濯前のタオルで洗面所の鏡や棚を拭く、その程度はしていたのですが。

もっとこのタオル(雑巾)を活躍させようと思いました。

 

おわりに

年を重ねて体がつらくならない掃除とは、実は若いうちに身に着けておくと日々の暮らしも楽に気持ちよく過ごせる魔法のコツではないでしょうか!

時間も生み出しますよね。

この本は、3部構成になっています。

  • 住まいの汚れの引き算
  • 暮らしのモノに溢れる引き算
  • 心の足し算

まだまだ、お若い方にもぜひとも読んで欲しいお勧め本です!

 

合わせて読みたい記事

 

  Tea Time

  f:id:yukiko_tea:20170417121635j:image

先日のオフ会でblancさんにいただいた紀伊国屋のドイツパンで紅茶時間♪

・・・朝食風景です!

ドイツパン、半分食べました。

残りは夜に赤ワインと一緒にいただこうと思います。

ごちそうさまでした^^

 

↓ 読み終わりましたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪





紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。   子供の頃から、部屋やモノはシンプルに整えていました。母はモノの管理ができませんでした ミニマリストも流行り、時代が私に追いついてきたのねなんて笑っていましたが(ミニマリストにはなれません ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

子供の頃から、部屋やモノはシンプルに整えていました。母はモノの管理ができませんでした

ミニマリストも流行り、時代が私に追いついてきたのねなんて笑っていましたが(ミニマリストにはなれません)、やっぱり私は私らしく、丁寧なシンプルな暮らしが好きなんだと実感しました。

そういう本を読むと心もほんわか優しい気持ちになれます。

今日は、最近のお気に入りの坂井より子さんの本から感じることを書き連ねてみたいと思います。

続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。   『小さな家』というコンセプトの、家の間取り・家具・すっきりした暮らし・私の好きなテイストの家がたくさん掲載されている本『小さな家に暮らしたい』は私の好きな本の1つです。 建売住宅に引っ越 ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

『小さな家』というコンセプトの、家の間取り・家具・すっきりした暮らし・私の好きなテイストの家がたくさん掲載されている本『小さな家に暮らしたい』は私の好きな本の1つです。

建売住宅に引っ越してから出会った本なので間取りなど真似することができないものが多いけれど、たまに引っ張り出しては眺めています。

そんな写真の中に、7ページほどイギリス人の暮らしや家のことを研究している井形慶子さんの記事が載っていて、なるほどと考えさせられます。その部分を書いていきたいと思います。

続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。   クリスマス柄の紙袋になったと聞いて、ようやくカルディに行ってきました。 私がカルディに行くときは、たいていハーブ&紅茶コーナーを物色しています。紅茶は他でも購入しているのでたま~にですが ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

クリスマス柄の紙袋になったと聞いて、ようやくカルディに行ってきました。

私がカルディに行くときは、たいていハーブ&紅茶コーナーを物色しています。紅茶は他でも購入しているのでたま~にですが、日常使いのハーブはカルディで買うことが多いです。

クリスマス柄の紙袋が、娘の手にかかれば、ブックカバーになった話も。

続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。   自分の過去記事のタイトルを眺めていると、モノについての話が多いことに気づいて笑ってしまいました。 シンプルに暮らす・・・といいつつお気に入りのモノをじっくり選び購入する。そして、それにつ ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

自分の過去記事のタイトルを眺めていると、モノについての話が多いことに気づいて笑ってしまいました。

シンプルに暮らす・・・といいつつお気に入りのモノをじっくり選び購入する。そして、それについて熱く語ってしまう。結局のところ、モノがとても大好きなのです。

偶然にも、大好きなエコナセイカツのマキさんの新書のタイトルが『持たない暮らしの愛用品』です。今日はその話を。

続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしているユキコです。   毎日、時間に追われて、どうしたらゆとりある暮らしになるのかと考えていました。そんな折、大好きなエコナセイカツのマキさんのブログで私のために書いた(ような)本が出版されたので手に ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしているユキコです。

 

毎日、時間に追われて、どうしたらゆとりある暮らしになるのかと考えていました。そんな折、大好きなエコナセイカツのマキさんのブログで私のために書いた(ような)本が出版されたので手に取りました^^

続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしているユキコです。   以前、なごみさんが記事にしていた本『アイデアのつくり方』をようやく読みました。昔読んだ『思考の整理学』と同じような内容ではないか、もしかしたらすでに私が実践していることなのでは ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしているユキコです。

 

以前、なごみさんが記事にしていた本『アイデアのつくり方』をようやく読みました。昔読んだ『思考の整理学』と同じような内容ではないか、もしかしたらすでに私が実践していることなのではと思い、手に取りました。

続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしているユキコです。   子供が小さい頃は、おかずを3品20分でタタッと作っていたはずなのに、最近は時間だけかかる。忙しさのあまり、頭の中もこんがらがって、家事に自分自身に向き合ってみようと手に取った本 ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしているユキコです。

 

子供が小さい頃は、おかずを3品20分でタタッと作っていたはずなのに、最近は時間だけかかる。忙しさのあまり、頭の中もこんがらがって、家事に自分自身に向き合ってみようと手に取った本が『考えない台所』でした。

今年はじめの1月の頃の話です。2月からこのブログをスタートして、少しずつ暮らしを前のように整えはじめています。

そろそろ、もう一度、私の考えない台所をめざして、この本を読み解いてみようと思います。

 

『考えない台所』を読んで

 f:id:yukiko_tea:20160701103138j:image

料理家・おもてなしプランナーでもある高木ゑみさんの著者『考えない台所』。
とても美しくお若い方でおしゃれな教室を主催されています。

この本だけを見ると、この方が書かれたことに驚きました。台所お仕事はどんな方でも悩みどころは一緒なのかもしれません。

まずは自由な時間でやりたいことを考える

部屋の片づけや断捨離でもそうであるように、目指したい暮らしを想像することが大事だと著者は言っています。

私は、台所仕事で無駄に費やすのをやめようと思いました。その分、本を読んだり片づけをしたりしたいと行き当たりました。

家事の心構えとポジティブな考え方

「ネガティブな感情は何の意味もない」と本文に書かれています。どうしても私だけとか、面倒くさいな、と考えがちですが、どうせ料理を作るのであればその先にある、本当は家族の健康と笑顔、節約、自分自身の食べる楽しみを思い出すべきです。それがあるから全部お総菜で済まさずに作っているのだと再認識しました。「自分は自分の意志のみで変わる」そうです!その通り!

自分のやる気スイッチを考える

「料理をつまらなくするのも自分、楽しくするのも自分」ということで自分のやる気スイッチを考えてみました。

私の場合は、タブレットでボサノバ(YouTube)を流して料理をすると前向きになれます。それでも、家族がテレビなどを見ている時はネガティブ思考が出てくるので(週末)陽気なイタリアン風に、赤ワインや梅酒を飲みながら家事をします。ノリノリです!

家事の効率化

献立・客観シートでマンネリを打破する

本に表「献立・客観シート」がついていました。肉や魚の種類によっても調理の仕方別の自分の料理を書き出すものです。
それがあれば、料理がマンネリになることも、悩むこともなくなる画期的な方法です。普段の家事で献立に悩む時間を減らすことは台所家事の時間を減らす1番の方法なのかもしれません。

その日に出すべきメニューがある

早く帰宅できる日とそうでない日。家族が揃う日とバラバラに帰宅する日。それぞれが同じようなメニューではなく、状況によってメニュー選びから変わってくることを知りました。

冷凍を活用する

「冷凍の肉があるだけで気がラクになる」実はまとめ買いや冷凍をしないので(以前はやっていた)少しは冷凍庫に入れておくことも大切なのかと感じました。野菜なども冷凍なども詳しく書いてあります。

買い物メモは店のレイアウト順に書く

たしかに買い物メモを持って店内をぐるぐる歩き回っていました。よく行くスーパーが数件あるので、買い物メモはレイアウト順は難しいですが、メモ用紙を何分割にして種類別(肉・魚・野菜・豆腐類など)に書き出すことにしました。店内時間が少なくなりました!

調理の工程を5つに分解する

一気に作らず洗うだけをしておく。加熱前までしておくなど少しずつ料理をすることを進めています。

冷蔵庫の食材と料理の進み方

料理をする際に、食材は全部出す→野菜を切るタイミングは1回(全部カット)→余った冷蔵庫の食材をしまう。これがスマートに一気に作るコツだそうです。1品ずつ作りがちですが、一気にカットを心掛けるとまな板と包丁を洗う回数が激減します。カットした野菜はボウルやバット、皿を用いてこなすようにしています。

食器洗いのコツ

食器洗いのコツがあるとは考えも知りませんでした。①繊細なグラス・コップ類 ②大きいもの ③小さいもの ④油がついたもの この順番に洗うと良いそうです。




まとめ

私の心に残った内容をざっくりと書いてみましたが、内容はもっと盛りだくさんです。
家事は、心づもりから始まっているのだと思えたことが大収穫でした。そして、買い物も家事と考えれば、料理の質を低下させることなく、大幅な時短を実現して家族の笑顔と自分の負担を減らすことができますね。

私個人としては、買い物や料理のパターンと、料理する前に料理するメニューを確認して「やっぱり足りないかな」と作る料理を最後に増やすことのないようにしていきたいと思います。まずはそこからなんです、私。。。

考えない台所とは、まずは思考と料理、家事のパターンを作って(そこは考える)、そのパターンを用いて体が勝手に動くようなシステム作りを構築することだと感じました。



こんな記事もどうぞ

▸シンプルライフのおすすめ本はこちらへ
▸シンプルなお肌のお手入れはこちらへ
▸少ない服で暮らす記事はこちらへ

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしているユキコです。   ようやくAmazonから届いた本をちらちらと眺めています。 有名ミニマリストブロガーさん7名のお顔とファッションを拝見できる貴重な1冊です^^ 読んだ(眺めた)感想とこれからのワードロ ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしているユキコです。

 

ようやくAmazonから届いた本をちらちらと眺めています。

有名ミニマリストブロガーさん7名のお顔とファッションを拝見できる貴重な1冊です^^

読んだ(眺めた)感想とこれからのワードローブを考えてみたいと思います!

続きを読む