ゆとりあるシンプルな暮らし

紅茶時間をたいせつに*大学生の子供と犬ネコのいるシンプルライフ♪

カテゴリ: 読書

今年の目標の1つは、お金を整えるです!ブロガーやインスタグラマーのお金と暮らしが本が出版されたので手に取ってみました。本『わたしの「お金」ルール』を読んで、お金と暮らしを整える有名ブロガーとインスタグラマー10名による、お金と暮らしの本です。それぞれのお金 ... 続きを読む
今年の目標の1つは、お金を整えるです!
ブロガーやインスタグラマーのお金と暮らしが本が出版されたので手に取ってみました。

本『わたしの「お金」ルール』を読んで、お金と暮らしを整える

IMG_6478
有名ブロガーとインスタグラマー10名による、お金と暮らしの本です。
それぞれのお金の管理や考え方、暮らし方がわかりやすく書かれています。
ブログ『Rinのシンプルライフ』のRinさんが宣伝していたので買ってみました。

お金のルールにとどまらず、暮らし方まで書かれていてとても充実していました。
簡単にまとめてみたいと思います!

家計ノートルール

それぞれの家計ノートの方法、続け方などが写真付きで分かりやすく載っています。

面白い!と思ったのは、hanaさん。
家計簿ではなく、月1回貯金簿を記入すること。

自分に合っていると思ったのは、hana.ienoteさん。
自動集計してくれるエクセルで、レシートがまとまったら入力していくのが合っているのかなと思いました。

暮らしのルール

買い物の仕方から、モノの付き合いまでそれぞれの目線で書かれています!

あえて休日に常備菜を作らない。
ネットで買い物をする。
スーパーははしごしない。

など。
どれも、きれいな家の写真が載っているので、お金を整えるとこの暮らしが待っているような気がしてきます!

モノ選びルール

それぞれの買い物のポイントが書かれています。
家、家族、長く使えるもの、などお金のかけどころは皆違うけれど、散財してしまう人とはやっぱり違う考え方ルールが存在するようです。

年間お金ルール

お金が整っている人は、長いスタンスで考えているもの。
しんどくならないように、楽しいご褒美や目標があるから普段も必要なモノだけ買うが実践できていると思います。


まとめ

全体的にルール方式でまとめてありますが、有名ブロガー3名の暮らしぶりをピックアップしてあったり、失敗談があったりと充実した内容になっています。

色々な世代や暮らしぶりで、お金の使い方も違うものです。
ポイントを押さえて、お金の達人たちのルールを知ることは、お金を整える近道になるかなと思います。
自分が気に入った方法を実践している方の、ブログやインスタを見て真似していくのがおススメです!

お金を整えると、暮らしが整う。
暮らしが整うと、お金も整う。

私も、早速、レシートの整理をしたくなりました^^





IMG_6459
昨日は、都内へ紅茶の勉強へ♪
最後に、いただいたスイーツは、りんごのコンポートの綿あめ乗せ!
紅茶のマリアージュを感じるシアワセなお味でした^^
Tea time☕

*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


image





家事や雑用に取られる時間が多くて、自分時間を楽しむことが上手くできていないような気がしています。「丁寧に暮らす」というと聞こえはいいけれど、やらなくてもいいことに時間を割いているのでは!と行き当たりました。今年の目標でもある「時間」を制するには、ラク家事 ... 続きを読む
家事や雑用に取られる時間が多くて、自分時間を楽しむことが上手くできていないような気がしています。
「丁寧に暮らす」というと聞こえはいいけれど、やらなくてもいいことに時間を割いているのでは!と行き当たりました。

今年の目標でもある「時間」を制するには、ラク家事を制するしかない!

と昨年思い始めていた頃、人生を謳歌している(ようにしか見えない)Rinさんが、ラク家事の本を出すと聞いて心待ちにしていました。


本『心地よく暮らす大人のラク家事』を読んで、手抜きのさじ加減を考える


ブログ村のシンプルライフカテゴリではいつも上位のブログ『Rinのシンプルライフ』のRinさん。
軽快なテンポと語り口に心惹かれる方も多いと思います。

実際にお会いしてみると、ブログの中から飛び出してきたような、楽しくて心温かい人柄の、周りを太陽のように照らしてくれる方なんですよ!

↓ Rinさんのブログです!


整理収納アドバイザー1級の資格から導き出される収納と、シンプルでセンスのいいすっきりした空間。
自分時間を十二分に楽しんでいる理由とコツが濃縮されている本の中から、これは!思ったことをピックアップしたいと思います。

まず、ものを減らす

「ドイツ人は使うものを収納するけれど、日本人は使わないものを収納する」
子育てがひと段落してから整理収納アドバイザーの勉強を始めて出会った言葉だそう。
片付けるためには、まずものを減らすこと。
それが、シンプルに心地よい暮らしを手に入れる第一歩です。

すっきりしたクローゼットの作り方が、分かりやすく解説されています。

「思い出のものは捨てない」「40代のリセット適齢期」という項目が心に響きました。
適齢期に本が読めてよかった!

暮らしやすさ重視で片付ける

片付ける目的を決める。
それはライフスタイルを決めること。
「すっきりした部屋で、すっきりと暮らしたい」と思っていた私ですが、その先の暮らしのイメージがどうも乏しかったのです。

好きでもない時間をすごさず、ラク家事をして、自分時間を満喫したい。そう強く思いました!

そして、近い将来どう暮らしたいのか。何をしたくないのか、書きだすことで見えてくることがあるとのこと。早速書きださなくては!

「動かないで調理できるキッチン」「デッドスペース大好き」などなど改善しようと思うことがいくつも出てきました。
これは、また後日改善して記事にしようと思います^^


手間を減らす

見た目をきれいにするために、手間を増やすのはやめました。
本末転倒だからです。
Rinさんのやめたことが分かりやすく書かれています。

Rinさんといえば、つるす収納。
そして、磁石でくっつける収納!これマジックですよね~(笑)

家事は最小限で効率よく

ここの章が1番私のツボです!
平日の過ごし方の、ラク家事のビフォーアフターが表で載っています。

家事の時間が、4時間から40分へ。
自分の時間が、0分から4時間へ。

休日には、家事を済ませたらずーーっとビデオ三昧の日があることを私は知っています。
どうして、こんなに違うの?そう思っていました。

朝の掃除は20分に。
掃除機は週1に。
洗濯は外に干さずに、浴室か洗濯機で乾燥させる。
作り置きおかずで、平日の夕食が15分で仕上げる。

娘さんから「お母さんは楽しんでいない。もっと人生楽しんで」なんて、言われていたなんて、今では想像できません。

自分時間を楽しむ

夫婦仲良く、別行動がいい。
行きたい場所は違うのに、無理に一緒に出掛ける必要がないからです。
最近は、私も行きたくないところはお断りしています。
休日は、お互い好きなことをして、夕食を一緒に笑顔で囲めることができる事ができると嬉しいです。

Rinさんの夫婦のように、会話の時間を増やす方向に進みたいです。


手抜きのさじ加減

本の帯の裏に「50代になってわかった手抜きのさじ加減」とキャッチコピーが書かれています。
どうりでまだそのさじ加減がわからなかったわけです(笑)

もう少し猶予があるので、この本をお手本に、Rinさんの後を追って、楽しみながら改善していこうと思います!
このタイミングでこの本を読むことができてよかった。
私のために書いてくれたとしか思えません。。。

年齢に関係なく、シンプルに暮らしたい、自分8割×主婦2割を目指したいという方にも、おススメしたい1冊です!





*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチいつもありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


image





いつもやることに追われたり、追ってみたり。ゆっくりとくつろぐことが苦手です。だからこそ、こまめに紅茶時間をたいせつに過ごしています。今年の目標は、『時間を整える』。そう決めていた12月に出会った本がとてもよかったのでおススメしたいと思います!↓ この更新をL ... 続きを読む
いつもやることに追われたり、追ってみたり。
ゆっくりとくつろぐことが苦手です。
だからこそ、こまめに紅茶時間をたいせつに過ごしています。

今年の目標は、『時間を整える』。
そう決めていた12月に出会った本がとてもよかったのでおススメしたいと思います!

↓ この更新をLINEで受け取れます
たくさんの読者登録をありがとうございます!


「自分を休ませる練習」のススメ

image
タイトルを見て、ドキッとしました。
どうしたら、ゆっくりと過ごすことができるのと思っていたから。

「自分を休ませる」を練習していく。
著者の矢作直樹氏は、医者でもあり東京大学名誉教授でもあります。
そういう目線からの切り口が新鮮でした。
この本の中で特に心に響いたことをまとめてみます。

マインドフルネス「今この瞬間」に気づく

医師として患者を診てきて感じたこと。
治してもまた同じ生活を続けてストレスフルの状態でまた病気になってくる。

忙しい毎日では自分の心をぎゅっと抑制して、自分でその状態に気づかないことが多いようです。
自分の心身を開放して、「本来の自分を取り戻す」ことが大切です。

「頑張りすぎる人」は「いいかげん」になる

頑張る人は、家でも職場でも重宝がられます。
それが、皆の憧れだったりするわけですが、頑張る人は頑張りすぎる人になりがちだと著者は言っています。
いい意味での「いい加減さ」が必要だとも。

つい「こうしなければいけない」「こうするべき」と思ってしまいます。
頑張りすぎて、自分も、周りの誰かも苦しめているかもしれません。

「美しい所作」は、心とからだにいい

著者は、家の中の私を覗いているのかとドキッとしました。
ついバタバタと倍速でこなしていて、夫が家にいる時は落ち着かないようです。

周りがみても美しい所作。自分の動きを最後まで見る。
例えきびきび動いたとしても、そこには優しい穏やかな気持ちもついてくるのかなと感じます。

仕事中でも「いつでもリラックス」を目指す

やることをやる。それからのんびりとリラックスをしたい。
そう思っていたので、これは目からウロコでした。

仕事や家事をしながらでも、人はいつでもリラックスできます。

今を楽しみながらこなしていく。
それが家事でも仕事でも。
今を生きること、集中することでリラックスしながら作業できるのですね。

しんどい気遣いは、いますぐやめる

変に気を遣うことがあります。
マイペース過ぎて、気の遣い方の方向性が間違っていることが多々あり(汗)

著者は、日本人は優しい気質なので余計な気遣いをしがちとフォローしてくれています。
そんな著者が唯一相手に気遣いを見せる所は、「相手の時間」だそうです。
相手の気持ちはコロコロ変わるもの。
待ち合わせ時間など、有限な相手の「時間を奪わないこと」だけは気遣う。
それ以外の細かいことは気にしない。
なんだかそれって救われませんか。

ぼーっとする練習

何もしないぼーっとする練習。
周りの音が聞こえ、景色も見える。
1日のうち、きまった時間などに過ごしてみる。
その自分を認めて、楽しむ時間。

それは、心に余裕があった頃にしていた時間でした。
そんな時間も大切にしていこう。


本「自分を休ませる練習」を読んで

この本の中のほんの一部を切り取って感じたことを書いてみました。
*もっと書きたいことがありましたが、全部まとめてしまうのでこの辺で。
何度も読んで、少しずつ自分に浸透させていきたい。

自分を休ませたい。
ON・OFFの切り替えをしたい、でもできない。
そんな人にきっと心に響く言葉が溢れてくる。
優しい気持ちになれる本です。

一緒に、「自分を休ませる練習」をしてみませんか?




この年末年始は、ゆっくりと過ごしています。
行動範囲は広いけれど、時間にゆとりがありました。
大掃除もしなかったし、お節も作らず。
それでも、お節をいただいたり、おいしい海産物も食べられたし。
お正月らしく過ごせました。

image
玄関の棚に飾っている花と鏡餅。
鏡餅は、近所の和菓子店で作ったものです。
素朴でなんだか温かい。

image
自分で選んだ花もきれいに咲き始めました。
まだまだ楽しめそうで嬉しい!
お正月におもうこと

自分の余裕があれば、周りにも優しくなれる。
そんな1年になりますように^^
*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



image




先月、初めて参加したライブドアブログ大忘年会。そこで、たくさんの素敵な方と出会いました。2次会にも誘われて、ライフスタイルカテゴリの人気ブロガーさんともつながり、夢のよう!その中で書籍を出版されたまどなおさんの本を読んでみました♪↓ このブログの更新をLINE ... 続きを読む
先月、初めて参加したライブドアブログ大忘年会
そこで、たくさんの素敵な方と出会いました。
2次会にも誘われて、ライフスタイルカテゴリの人気ブロガーさんともつながり、夢のよう!
その中で書籍を出版されたまどなおさんの本を読んでみました♪

↓ このブログの更新をLINEで受け取れます。
たくさんの読者登録ありがとうございます!


本『アイデアノートで普通の部屋がなぜか可愛くなる』を読んで、居心地がいい部屋の秘密を知った

image
シンプルだけど、洗練されていて温かみもある、北欧風インテリアのまどなおさんのおうち。
なんと、うちと同じ建売住宅とは思えない!
インテリア系ブログが眩しい今日この頃。。。
その秘密を覗いてみました♪

↓ まどなおさんのシンプル北欧風のおうちです♪


部屋がすっきり可愛くなる まどなお流 ちょこっとアイデア

image
帯表紙に描かれているまどなおさんの絵。
イラストレーターのような絵。
本人が描いていると知ってびっくりしました!
いつも、棚や壁、間取りや家具などを描いているうちに、センスよく見える可愛い雑貨の並び方の法則をつかんだそうです。

季節に合わせてちょこっと模様替え。雑貨の飾り方などすぐに真似できそうなことがいっぱいで絵も多くわかりやすくまとめられています。

その法則を私はこの本を真似だけすればいいと気づいてしまった。。。

見るだけで気分が上がる空間づくりのススメ

小さいお子さんのいるまどなおさん。
おもちゃ部屋の壁の飾りつけなど、北欧風で可愛いアイデアに私までときめいてしまいました。
子供のおもちゃだけではなくて、服などの収納方法も綴られています。

うちの娘21歳ですが、誕生日に部屋の飾りつけしたくなってしまいました。。。

すっきり収納は「なぜか可愛い」への最短距離

みえないところもすっきりが大事!
そう書かれていました。
見えるところをきれいにしたら、見えないところも気になってくる

収納もまどなおさんの絵が描かれ見やすくなっています。
家中の収納の秘密をしっかりと見ることができ、とても参考になりました。

買ってよかったお役立ちグッズ事典

まどなおさんの買い物ルールは「とりあえず」で買わない。
とりあえずで買ったものは結局後悔や失敗を生むことが多いものです。

センスの良いまどなおさんの、家具や雑貨、キッチングッズのアレンジ使い必見です!


ノートに書くことでイメージを整理する

今まで、思考や収納などのアイデアをノートに乱雑に書いていました。

私にはまどなおさんのような素敵な絵を描けないけれど、思考や物事だけではなくて収納やインテリアを整理していくのはとてもわかりやすいし、自分で見てもわかりやすいですよね。
今度から可愛く書いてみようかな~と思いました。

絵や写真が多いので、忙しい方にもサッと何度も眺めたくなる本でしたよ!
雑貨の飾り方がわからない、シンプルな部屋にも飽きた、子供がいてもすっきりな暮らしを送りたい、そんな方に特におススメしたい本です^^

このインテリアのような雰囲気のまどなおさんにお会いできて本当に良かったです♪

にほんブログ村テーマ
北欧風ナチュラルインテリアを目指して

すっきり暮らす

image
ボク、ガッチャン!
ママのブルーライトカットメガネ似合うかな?
・・・寝起きなので、されるがまま。。。
きょうのにゃんこ🐾

*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチ、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


シンプルに暮らすための実践する内容の本をよく見かけます。 この本は、1日10時間働きつめた著者がシンプルライフをめざしてたどり着いた、心からアプローチしたい83の感情整理術を載せています。 その中で、私がぜひ取り入れたい10のことを綴ってみたいと思います! * ... 続きを読む
シンプルに暮らすための実践する内容の本をよく見かけます。
この本は、1日10時間働きつめた著者がシンプルライフをめざしてたどり着いた、心からアプローチしたい83の感情整理術を載せています。

その中で、私がぜひ取り入れたい10のことを綴ってみたいと思います!

*この記事は、(誤って)下書きに戻したものを改めて更新したものです。

本「こころのシンプルライフ」から取り入れたい感情整理術10のこと

image
著者はアメリカ在住のエレイン・セントジェイムズ。

不動産投資家として、1日10時間以上働く生活を長年続けたのち、生活をシンプルにすることを決意。シンプルライフ実践家として全米で講演するかたわら、本を執筆。著書に「素敵な暮らしのダイエット」「人生を複雑にしない100の方法」他がある。

この「こころのシンプルライフ」は83の方法が載っていて、難易度別に6つに分かれています。
その中から私がこれは!と気になったものをあげていきたいと思います。

1.「受けとる」ことを知る

何かをし終わったら、その達成感をゆっくりと味わう。
褒められたら流すのではなくてしっかりと受け止める。
食事や運動後も、同じように満足感や達成感を1つ1つ感じ受け止める。

つい、1日にどれほど達成したことを数えてしまうけれど、その気持ちを受け止める行為をしないと、いつまでも現状に満足できないのかも。

2.いま、この瞬間を味わおう

未来に向けての過程、今を楽しむことは大切です。
料理1つにとっても食べるためだけではなくて、作る過程も楽しんだ方が気持ちも弾みます。

3.いらないものを見つけよう

モノもそうだけど、必要ではない事柄。好きではないこと。
やりたいことも大切だけど、同じようにやらないという選択が実はシンプルライフへの1番の近道なのかもしれません。

4.いま、この瞬間を楽しもう

精神生活をシンプルにするのは、つまるところ、いま現在の瞬間を幸せに生きることができるようにするためである。

5.助けを求めよう

人に頼むことが苦手です。
自分でやった方が早いということもあるけれど。
人間誰でも人の助けが必要な時には、人に助けを求めていい。その時には、誰に助けを求めればいいのかが重要だそう!

6.他人から学ぶこと

苦手な人から学ぶことを書いてあります。
関りを断つ前に、相手から何か学ぶことがあるのではないか。
どうしてその行為に対していらだつのか考えてみよう。
その理由を理解し、自分の変える所は変え、これからもそうしていくように・・・という自分自身を変えていくことの大切さを書いてあります。
つい、フタをしがちな部分を丁寧に分析していくことが重要です。

7.1日を振り返ろう

本は睡眠に深く影響するので読まずに、1日の最後はその日をざっと振り返ることの大切さを書いてあります。

8.きちんとノーを言おう

例えば、気の進まない誘いに参加すると休日がつぶれるだけではなくて、準備で前日がつぶれたり、数日間気持ちを引きずることもあるという話を例に出していました。
予定の数時間が犠牲になるわけではないのですね。

9.感謝の気持ちを忘れない

感謝の念を持てば、さらに感謝の気持ちが湧いてくる。

10.考える時間を持とう

心をシンプルにしたいのなら、定期的に、できれば毎日でも考える時間を持つことによって、自分の問題の解決策を見つけることができる。
自分の心のかじ取りをできる効果的な方法です。





まとめ

ミニマムやシンプルな暮らしは、結局のところ、精神論に行きつくのかもしれません。
全部ではなく、いくつかを実践していくことがおススメだとか。

著者はヨガを取り入れているので、呼吸法も書かれていました。
呼吸も心とつながっているのですね、きっと!

83のうちから気になる10個を選んでみました。
簡単なようで難しい。難しいようで実は簡単な気も。
「今を大切にしていくこと」「自分と向き合う時間を持ちこと」でこの10個を叶えていこうと思います!!

関連記事

‣シンプルライフの本の記事はこちらから
‣時間の使い方の記事はこちらから


*****
image
今日の娘のパン弁当♪
ちょっとハードちっくなパンを2種!
・バジル&クリームチーズ(奥)
・焼肉パン(手前)
杏ジャムと醤油、少量のバルサミコ酢で味付けした豚肉ソテーを中に入れました。
テキトーに作ってみましたが、これ、おいしい!
娘、感激してくれました^^

*ランキングに参加しています*
↓ 読み終わりましたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪




時間のことについて書いた記事を読むのが大好きです。会う人に、どんな時間の使い方をしているのか聞いてみるのも好きです。時間の使い方を考えることが好き。裏を返せば、時間の使い方が下手・・・ということなんだと思います。今をときめく、ブログやインスタで活躍する6名 ... 続きを読む
時間のことについて書いた記事を読むのが大好きです。
会う人に、どんな時間の使い方をしているのか聞いてみるのも好きです。

時間の使い方を考えることが好き。
裏を返せば、時間の使い方が下手・・・ということなんだと思います。

今をときめく、ブログやインスタで活躍する6名の時間の使い方や片づけなどを垣間見ることができる本が出版されたので、早速読んでみました。

本『わたしの「家じかん」ルール』を読んで

image
交流のある、ブログ『Rinのシンプルライフ』のRinさんが宣伝していたので、ネットで予約していました。
他にも大好きなブロガーさんたちが出ているのが嬉しいです。読んでます!

この本は、家時間の過ごし方を書いているのね~と思っていたら、かなり深い内容となっています。
その中で、私がこれは!と思ったことを書き綴ってみたいと思います。

家事じかんのルール

6名の1日のスケジュールが書いてあります。
家事や、料理、洗濯、片づけなど、それぞれのポイントを押さえた過ごし方に圧倒されます。
ライフスタイルもそれぞれ違うので、それを参考に自分と比較出来ることがこの本の良いところです。
料理に力を入れている人、簡単にしたいから平日は1品作るだけ。洋服の管理と選び方。掃除の仕方のパターンなど。
後々大変にならないように、日々の生活に組み込んでいくアイディアはとても参考になります!
ブログ『良品生活』のmujikko-rieさん「整っている感を演出する」に笑ってしまいました。それ大事ですよね!無印良品の収納も美しくて素敵でした^^

ここの章だけで本の半分以上を使っています。
タイトルを見た時に、この部分くらいの内容かなと思っていたら違いました。
想像以上に読み応えあります。

ひとり時間のルール

ひとり時間があるか、ないかで心のゆとりが違ってきます。
子育て中やフル勤務の方も、その時間を確保するために、常日頃からやりたいことをリスト化しておく。いつもしていることに特別感を演出したり、その人らしい方法で過ごしていることがわかります。

うちの子供たちも大学4年生。一人時間も自分の調整で取れるようになりました。
子供が巣立ったRinさん『静と動の時間で心と体もバランスよく過ごす』という文にハットしました。
やること・やりたいことばかりではなく、心からゆっくりする時間も大切なのだと気づくことができました。

家族じかんのルール

忙しい毎日を過ごしていると、本当は大事にしたい家族のことが、家事よりも後回しになりがちです。
今は子供たち(家族)を優先するという潔い考えの尾崎さんの考えも目からウロコでした。どっちも!とつい欲張ってしまいがちですが、こういう風に考えると自分自身が周りに優しい気持ちで接することができますね。

暮らしの年間スケジュール

それぞれの年間スケジュールの管理の仕方、家族との共有の仕方も興味深いです。
書きだしてみると、新しく見えてくることもありますね。


時間のON・OFFが大事

時間の達人主婦たちは、家しごとと自分時間の切り替えが上手なのだと思いました。
ずっと掃除をしているわけでもなく、メリハリをつけているようです。
そして、そこまで行きつくまでに、家の中を整えて、料理の自分らしいパターンを持っていて、自分時間もこま切れでも大事にしているんですね。

先日お会いしたばかりのRinさんに、時間の使い方を尋ねたら「ON・OFFが大事」と言われました。
「ON・OFF」「動・静」を考えて過ごすだけで、ゆとりある時間が生まれてくるのだと思います。

時間を制する者は家事も制す

片付けや断捨離をしたら、時間やゆとりが増える。
ゆとり時間を増やしたいから、家事の時間も決める。
それぞれのライフスタイル×自分の性格を考えて、マネしたいアイディアがいっぱいです。

この本の冒頭に書かれた、6つの事柄がとても心の響きます。
*書きませんので、本を読んでください!
どの章の前にも、ブロガーさんとは別に時間の使い方・改善の仕方のやり方やまとめが書いてあり、わかりやすいのです。
暮らしの本はほとんど読んだから、と思っている方にもぜひ読んでもらいたい本です。
私もがんばりすぎずに、暮らしを回していきたいと思います!

*****
image
ハワイのハーブティーとチョコで紅茶時間♪
今朝のひとり時間に。
先日、お会いしたあゆみんさんのハワイ土産を眺めて、食べて、ハワイ気分に浸りました!
元気チャージ!今日も笑顔で過ごせそうです^^

*ランキングに参加しています*
↓ 読みましたらこちらをポチっとしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪



暮らしの本は色々出ているけれど、昔から愛読していてファンなのは、金子由紀子さんです。なぜなら、ユキコだから?それもきっかけではあるけれど。*しかも私と同じ漢字だからなおさらではありますが。文学部卒で出版社勤務を経ているせいか、読みやすくわかりやすい。今ま ... 続きを読む
暮らしの本は色々出ているけれど、昔から愛読していてファンなのは、金子由紀子さんです。
なぜなら、ユキコだから?
それもきっかけではあるけれど。
*しかも私と同じ漢字だからなおさらではありますが。

文学部卒で出版社勤務を経ているせいか、読みやすくわかりやすい。
今までの(お仕事で)幅広い方との交流から見える暮らしへの考え方も好きです。
そして、元々暮らし方がどこか似ているような気がして(図々しい)共感を持てて参考にしています。
この夏に出版された『ちょうどいい暮らし』を読んでみました。

『ちょうどいい暮らし』を呼んで、自分サイズの心地よさを考える

image

総合情報サイトAll About「シンプルライフ」のガイドとして活躍中です。
子ども2人のお母さんでもあります。
私もずっと、「ちょうどいい暮らし」を模索しています。
まだ道半ばですが、とっても楽しいですよ。だって、私のためにあるわけじゃないこの世界を、隅っこからこっそり、自分仕様にしてしまおうとしているんですから。
誰にも気づかれずに、この世界一地味な世界征服を、ご一緒にいかがですか?
(「はじめに」から抜粋)
私も一緒に、自分仕様で地味な世界征服計画に参加させてもらいます!

第1章「素敵な暮らし」って何?

素敵な暮らしぶりが投稿されるSNSで疲弊していませんか?
実際は、普段の暮らしの一瞬を切り取った写真なのですが、ずっとそんな素敵な暮らしをしている人はほぼいないのではないでしょうか。

帯表紙に「幸せになりたいですか?それとも、幸せにみられたいですか?」と書かれていますが、幸せにみられるために頑張っている人もいるのかなとふと考えたりしました。

「ちょうどいい暮らしのススメ」と題して、素敵な暮らしをしたいのなら素敵な暮らしになるような「行動」が必要と書かれていました。
ちょうどいいは、今のままでいいではなくて、そのちょっと先をいく自分軸の幸せな暮らしなのですね。

そして、「今いる自分、今住んでいるこの家、今持っているもの、今ある技術」だけでできるところから、理想の暮らしをはじめてみようと書いてあります。

まずは、今の自分をまるごと認めて、ちょうどいい自分仕様の幸せなくらしをめざすということです!


第2章 「普通のごはん」のレベルとは

日本人の料理のレベルのはとても高いですね。
キャラ弁などは海外でも驚きの声が上がっています。

私にはそこまでの調理能力もないし、私がお弁当に求めるのは、美しさではなくて「作りやすく、食べやすく、汁もれしない(←大事)」なことだからです。(抜粋)

大笑いしてしまいました!その通りです。
私はパンを焼くので、その研究(練習)のために作ったりしていますが、きっと娘は焼き肉丼などのおやじ弁当を食べたいだろうな~と思ったりしています。(たまには作ろう!)

「おなかと心が満たされ、生きる活力となること」
本来、食はシンプルな事だったのですね。

シンプルな台所道具と食品管理、収納などが挿絵と共に書かれていて、とてもわかりやすいです。
また、知っておくと便利な時短レシピも載っていて、本当にシンプルな考え方とレシピで心が軽やかになりました。


第3章 居心地のいい家の作り方

目指すは、「こざっぱり」が続く暮らし

片付けの優先順位5つが書かれています。
ポイントを押さえれば、ずいぶんと家の中も違って見えると納得しました。
ため込まないシステムや、暮らしやすい家にするための収納のコツなど。
どこか私のざっくり収納を連想させる感じがまたツボです!

家族にも「ちょうどいい暮らし」というページが特に心に響きました。
自分自身がモノを減らしたいからと、家族が疲弊するのは避けたいものです。

年頃の女の子は、自分好みのシャンプーを使いたがるものです。
私自身もそうだったので、我が家も娘のシャンプーが別にあります。
家族皆同じでもいいけれど、それに全部従ってしまう子の方が心配になってしまいませんか?(本人が本当にそれでいいのなら別ですが)

皆が暮らしやすい家になるように、着地点を見つける、折り合いをつけることが大事だということに納得しました。

第4章 ちょうどいいクローゼットに変えよう

「いつも同じ服でいいじゃない」と金子さんは言われています。
私もいつも同じです(!)
とても落ち着くし、似合っているし、クローゼットもすっきりしていて気持ちいいものです。

「ちょうどいいクローゼットの作り方」で、シチュエーション別のお出かけの服も用意しておきましょうとのことです。
最近、お出かけ用の服を最小限用意するようにしています。
やはり、予定近くなってから慌てないように、自分に似合っている服でお出かけすることはとても気持ちいいものですから。
表もあり、自分計画を立てるページもあるのでお勧めです!

第5章 人付き合いも、ちょうどよく


「誰とでも仲良く」はムリ!と書かれています。
だいたいの人とそれなりに話せたりするので、後で、疲弊することもあります。
人付き合いは頑張らなくてもいいのですね。

「関係が濃くなったら、薄める」距離感はとても大切です。
大きな集団での身の置き方も書かれていて、幼稚園や学校などの人付き合いのコツや離れ方などもわかりやすく書かれています。

自分自身の性格を知っておくと対処のコツなどもわかりやすいかもしれません。

↓ 性格判断もお勧めです!



ちょうどいい暮らしとは

ちょうどいい暮らしとは、自分が自分らしくいられて、自分に満足できる幸せな日々を送れることなのだと思います。
毎日のちょっとした嬉しい事、ホッとしたことなどが、笑顔を作って穏やかに生きていける。
それが周りに連鎖していって、ちょうどいい暮らしは作られるのかなと感じました。
一緒に、自分仕様で地味な世界征服計画に参加してみませんか?

*****
image
読書好きな娘からお勧めされたので読み始めました。
まだ少しだけなのに、がっしりと心つかまれました。
読書っていいですね!

*ランキングに参加しています*
↓ 読み終わりましたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪





ブログ『cozy nest 小さく整う暮らし』のオズ(尾崎友吏子)さん・著『ミニマリストの持ちもの帖』を読みました。本や雑誌、テレビの特集などでメディアに出られているオズさんのブログは、実は毎回しっかりとチェックしています。なぜなら、文章に無駄がなく、独特な切り口 ... 続きを読む
ブログ『cozy nest 小さく整う暮らし』のオズ(尾崎友吏子)さん・著『ミニマリストの持ちもの帖』を読みました。

本や雑誌、テレビの特集などでメディアに出られているオズさんのブログは、実は毎回しっかりとチェックしています。
なぜなら、文章に無駄がなく、独特な切り口でわかりやすくミニマムな暮らしについて語ってくれるからです。
私好みでもあるインテリアは、シンプルな部屋で風通しよく、見ていて気持ちよいものです。


本『ミニマリストの持ちもの帖』を読んで

image
まず、この本を手に取って、この装丁の美しさにほれぼれしました。
絵は、可愛らしさもあるシックなデザイン。
汚れをはじくような素材で日焼けもしなさそう。
よく考えられているとしばらくじっと見つめてしまいました。

オズさんが結婚してから20年。
日本の「道具(ツール)」と飽和状態になってる今。
それを解消するミニマリズムというツールで、機能的×効率的=愛着を持つという図式の持ちものの定義を垣間見ることのできる本になっています。

1.台所用品

育ち盛りの男の子3人の5人家族。
食器もシンプルで良いものを厳選して選んでいます。

水筒は11個ですが、たしかミニバスをやられておるお子さんがいると思います。
うちも下の子がミニバスをしていたので、よくわかります。必要な数です!

オズさんもお子さんもお茶を飲む時間を大事にしているのが伝わってきます。
何がなんでも少ない方がいいではないところがとても共感が持てます。

2.住用品

オズさんの包丁と鍋セットがとても機能的で好きです。
どちらも20年愛用していて、大事に使っているのが伝わってきます。

作りおきおかずを入れる容器がとても多いです。
デザインや大きさが統一されていることで冷蔵庫を開けるたびにシアワセな気持ちに浸りそうです。
お子さんが食べ盛りだから、必要なものは買うという姿勢も大事だと思いました。

家具もシンプルなものを場所を変えて使っていく。
キッチンや家電も吟味していく。とことん妥協しない。
モノ選びが最初からぶれていないので、いいものを長く愛用している姿勢を感じます!

3.衣類

結婚前は400着以上の服を持っていたというのは有名な話。(私の中で)
自分のスタイルを決めて、今着るものだけを持つ。大事に使い切る。
クローゼットの中が色であふれていなくてとても美しい。
下着や寝具までのこだわりを知ることができる章になっていて、なんども眺めたいところです。

4.家族のもの

防災関係、思い出の品の持ちものの章です。
防災関係をこんなにもきちんと選んで管理しているのを私は見たことがありません。
家族がみてもわかりやすく整えられています。
思い出の品も、なんでも捨ててしまうということもなく、大事に向き合っていることがわかります

5.その他

祖母の足踏みミシンをメインテンスもして大事に使われています。(70年ほどの品)
ハンガーのひと手間から、化粧用品、ストック用品など、どれも管理しやすく使いやすい。

私もこのハンガーの使いやすくするアイディアが気になっていました。
やっぱり、うちでも取り入れたいと思います!



おわりに

この本は、5人家族のミニマリストの持ちものではありますが、必要なモノはもつ。モノを選ぶときは吟味する。長く愛用する。ということがよく伝わってきます
これから家族を持つ方にも、モノ選びを迷う夫婦にも、ぜひとも読んでいただきたい本です。
今までとは違って、文字より圧倒的に絵が多いのでパラパラと眺めることもできます。写真が見たいなと感じたなら、以前の本と比べてみるのも良さそうです!

オズさん、良い本をありがとうございました^^



*****
image
今日の娘のパン弁当♪
先週作ったピタでサンドを作りました!(冷凍しておきました)
Rinさんからもらった素でタンドリーチキンとポテトサラダの2種類。
これにスープと紅茶を添えました^^


↓ この本を読んでみたい!お弁当おいしそう!と思ったら
こちらの写真をポチンと押してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪


紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。   昨日は往復2時間電車に揺られてお出かけしました。(結局3時間強でした・・・汗) そんな時は本を読むのに限ります。スマホもいいけれど目が疲れるので 沖幸子さん著『50過ぎたら、ものは引き算、心 ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

昨日は往復2時間電車に揺られてお出かけしました。(結局3時間強でした・・・汗)

そんな時は本を読むのに限ります。スマホもいいけれど目が疲れるので

沖幸子さん著『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』の掃除の章から、記事にしたいと思います。

タオル1枚で掃除上手*本『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』を読んで 

バッグに入れられる大きさの文庫本の中から、こちらの本を購入しました。

もう数年でそんなお年頃に突入するので、早めに対策をと読むことにしました。

沖幸子さん流*年を重ねても体がつらくならないそうじのコツ

沖さんは、元々掃除嫌いでしたが、ドイツで暮らした経験をして、掃除サービスを始めた経歴の持ち主です。

この文庫の帯には「NHKあさいちに出演で話題!」と書かれていました。

その掃除のコツとは、「タオル」で拭き掃除するということでした。

  • 道具や洗剤はシンプルに
  • 汚れる前にさっと拭き掃除「汚れの引き算」
  • 同じ動作を「同時に」「長時間」しない:5分で取れない汚れはそれ以上やってもとれない
  • そうじの時間と場所を決める

沖さんの行っている自宅の掃除方法は

毎日の我が家のそうじは、「拭くだけ」。

床は、週に1度、5分の時間を見つけ、気になる場所だけ、掃除機をかけたり拭くだけです。

毎日、タオルでちょこちょこと家事のついでに拭いているおかげで、汚れを未然に防ぎ、きちんとした掃除時間を改めて確保することなく、きれいに保てるのですね。画期的です!

私のタオル(雑巾)は無印良品

f:id:yukiko_tea:20170417105009j:plain 

▶無印良品のオーガニックコットン混その次があるやわらかフェイスタオル

こちらが私の雑巾です。

使い終わった「無印良品のオーガニックコットン混その次があるやわらかフェイスタオル」をカットして雑巾にしています。

 

f:id:yukiko_tea:20170417105015j:image

洗面所のクローゼットの上段の白いカゴにいれています。

 

f:id:yukiko_tea:20170417105021j:image

洗濯洗剤と一緒にざっくり収納。

計4枚あって、1枚は月曜朝にする床の拭き掃除をした後で、ベランダに干しています。

今まで、ダスキンもあるし、マメに拭き掃除はしていなかったととても反省しました。風呂掃除の後に、水気を拭き取る、洗濯前のタオルで洗面所の鏡や棚を拭く、その程度はしていたのですが。

もっとこのタオル(雑巾)を活躍させようと思いました。

 

おわりに

年を重ねて体がつらくならない掃除とは、実は若いうちに身に着けておくと日々の暮らしも楽に気持ちよく過ごせる魔法のコツではないでしょうか!

時間も生み出しますよね。

この本は、3部構成になっています。

  • 住まいの汚れの引き算
  • 暮らしのモノに溢れる引き算
  • 心の足し算

まだまだ、お若い方にもぜひとも読んで欲しいお勧め本です!

 

合わせて読みたい記事

 

  Tea Time

  f:id:yukiko_tea:20170417121635j:image

先日のオフ会でblancさんにいただいた紀伊国屋のドイツパンで紅茶時間♪

・・・朝食風景です!

ドイツパン、半分食べました。

残りは夜に赤ワインと一緒にいただこうと思います。

ごちそうさまでした^^

 

↓ 読み終わりましたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪





紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。   子供の頃から、部屋やモノはシンプルに整えていました。母はモノの管理ができませんでした ミニマリストも流行り、時代が私に追いついてきたのねなんて笑っていましたが(ミニマリストにはなれません ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

子供の頃から、部屋やモノはシンプルに整えていました。母はモノの管理ができませんでした

ミニマリストも流行り、時代が私に追いついてきたのねなんて笑っていましたが(ミニマリストにはなれません)、やっぱり私は私らしく、丁寧なシンプルな暮らしが好きなんだと実感しました。

そういう本を読むと心もほんわか優しい気持ちになれます。

今日は、最近のお気に入りの坂井より子さんの本から感じることを書き連ねてみたいと思います。

続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。   『小さな家』というコンセプトの、家の間取り・家具・すっきりした暮らし・私の好きなテイストの家がたくさん掲載されている本『小さな家に暮らしたい』は私の好きな本の1つです。 建売住宅に引っ越 ... 続きを読む

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

『小さな家』というコンセプトの、家の間取り・家具・すっきりした暮らし・私の好きなテイストの家がたくさん掲載されている本『小さな家に暮らしたい』は私の好きな本の1つです。

建売住宅に引っ越してから出会った本なので間取りなど真似することができないものが多いけれど、たまに引っ張り出しては眺めています。

そんな写真の中に、7ページほどイギリス人の暮らしや家のことを研究している井形慶子さんの記事が載っていて、なるほどと考えさせられます。その部分を書いていきたいと思います。

続きを読む