ゆとりあるシンプルな暮らし

夫と子供2人、犬ネコと暮らす、紅茶好きなシンプリスト。 小さな建売住宅で、心地よい“シンプルな暮らし”を追求しています♪ ただ今、人生の棚卸中!

カテゴリ: 読書

こんな暮らしがしたい「大人の小さなひとり暮らし」

coyuki・著「大人の小さなひとり暮らし」を読んで

ライフスタイル系トップブロガーの*Little Home*のcoyukiさん。
モノトーン×すっきり×完璧な収納をブログでずっと拝見していました。
そのcoyukiさんが本を出版!
47歳、子育てを終えて
はじめてのひとり暮らしは賃貸ワンルーム(帯表紙より抜粋)
本を開いたら、そこはcoyukiさんワールドがギュッと詰まっていました。

↓ coyukiさんのブログです♪



IMG_7101
ひとつひとつの言葉を丁寧に慎重に綴っていくスタイルは本の中でも一緒。

内容は・・・
・来客仕様のワンルーム
・小さなキッチンとのんびりごはん
・大人のおしゃれと健康管理
・働くこと、これからのこと

写真も、収納も、雑貨も、インテリアも。
どれもマネしたいことばかり。
私もこんなひとり暮らしをしたい!
ざっくり収納代表の私には無理でしょうか。。。

今までライフスタイルや収納の本には見向きもしなかった娘22歳が
この本をいたく気に入って
親子で「この収納いいよね」「こういう風にしたいよね」と盛り上がっていて
娘が、この本をちらっと見るだけで片付けしたくなる現象が起きています。
個人的に、書類の収納の美しさが好きです!



そんなcoyukiさんから、リンクされました♪
なんと!Rinさんから教えてもらった方法が載っています(笑)

↓ これ必見!


ただ今、新しいノートパソコンを買ったばかりで
デスクトップのアイコンを増やさないように頑張っています♪



おわりに

FullSizeRender

ひとり暮らしを憧れる人から暮らしを整えたい人まで、幅広い年代にもおすすめな暮らしの本でした。
coyukiさんの家のモノから収納まで。
そして、暮らしぶりや今までの人生を垣間見ることができ、私も勇気をもらいました。
やれることからコツコツと取り入れていこう!

そんなcoyukiさんとは、昨年のライブドアブログ大忘年会でお会いしました。
シャープなイメージな方だとばかりいましたが、温かい優しい雰囲気の方でした。本にもちらっと載っています^^

↓ 子育て卒業世代の暮らしの本はこちら♪




IMG_7219
最近は、りんごをカットするともらえると思って大興奮!
・・・うれしくて微笑んでいます

↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

↓ 私が管理しているトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷AfternoonTeaのある暮らし


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2900人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!



image

 

自分の気持ちを言葉にすることはできても、それを伝えるのは意外にむずかしい。
そう思っていたら、アサーティブの本を読んだらいいと言われました。
早速読んでみたら、伝え方を知らないだけだったのかも。
その本とは!


本当はとってもシンプル「気持ちが伝わる話しかた」

森田汐生・著『気持ちが伝わる話しかた』自分も相手も心地いいアサーティブな表現術

45f8fc552135117ad612b0e781d1b270_m

タイトルにもある「アサーティブ」
自分中心にも、相手中心にもならない、お互い心地よい対等な「気持ちの伝え方」のこと。

冒頭の「はじめに」で心つかまれました。

たとえば、会社の先輩に、しょっちゅう土壇場で仕事を押し付けられている。

週末は家事で手一杯。夫はゆっくり起きてのんびりしている。
「相手の言い分もわかるけれど、自分の気持ちはどうしたらいいの?」

という状況になったことはないでしょうか?
*もっと細かく状況気持ち等書かれています
相手がだれであれ、そんな場合によくあるのが、きつい言い方で一方的に責めるか、言いたかった言葉を飲み込んでしまうか。
どちらも適切な自己表現ではないので、人間関係が悪化したり、問題が解決されないままだったりします。
それらを改善する方法が、この本に書かれています。


誰もがつい陥りがちな表現パターン

・攻撃的(ドッカン)
・作為的(ネッチー)
・受身的(オロロ)

アサーティブではない伝え方には、大まかに分けると上記の3つがあります。
いつも同じタイプではなく、相手が変われば自分もパターンが変わります。

この3つのパターンに陥ることを回避する考え方と行動が書かれているんです。

私は、相手の気持ちを考えすぎるあまり、自分の気持ちを伝えられない受身的タイプの傾向があります。
自分の意見さえないと感じることも。


コミュニケーションを支える「4つの柱」

・「誠実」:自分の気持ちをごまかさないで、自分にも相手にも正直になること
・「率直」:気持ちや要求を相手に伝わる形で、具体的に伝えること
・「対等」:相手を見下したり自分を卑下したりしないこと
・「自己責任」:自分の行動によって起こる結果に責任をもつこと
自分に誠実ではないと、どうなるか。
友人に誘われて「行きたくない」と思っても、自分の気持ちにフタをして「はい」と言う。
結局、約束をキャンセルしたり、行っても気持ちが乗らずそっけなかったり、「本当は行きたくなかった」と言って相手をがっかりさせる。
相手にも誠実になれないということです。


伝えるときの5つのポイント

1.時と場所を選ぶ
2.要求の的を絞る
3.自分の気持ちも伝える
4.繰り返しポイントに立ち戻る
5.相手の立場も理解する
ここでは、職場で部下に注意するポイントや、夫に一緒に衣替えをしようと提案する例が書かれていました。
興味深い!
こんなふうにお互い納得する話しかたができたなら人生変わりそう。


少し難しいと思ったところ

このアサーティブ手法で、夫と家事などの分担をした結果、夫が「君にコントロールされているようで、一緒にいても楽しくない」と言われた話が載っています。
自分だけが満足するような要求はアサーティブではないそう。
む、むずかしい。。。

また、長年対等ではなかった関係は、一気に解決するとは不可能と書かれています。
ほとんどの場合、一つ一つはちょっとした気持ちのすれ違いや言葉の誤解だったとしても、今の関係になるまでに、問題が積み重なって、複雑になっているからです。
10年かかってこじれた人間関係であれば、半分の5年くらいかけるつもりで少しずつ、だそうです(汗)

アサーティブの本はいくつもあります。
↓ この本は、中古本しかなく図書館で借りました。kindleはあります♪

おわりに

はじめから最後までわかりやすく「気持ちが伝わる話しかた」が書かれていた本でした。

子供から大人まで全年齢の方に、話べたさんからすぐ周りを威圧して後悔するタイプにも。
家庭でも職場でもシンプルに使えます。

私は「とても育てやすい子」「いい子」と親に言われて育ちました。
単に自分の気持ちにフタをして、合わせていただけだったのかも。

「事実と気持ちを伝えて、提案とその結果を提示する。」
この本を参考に、自分にも相手にも対等に話せる方法を実践してみよう!


IMG_5355
先日、ブログPleasant daysのMizukiさんとフォートナム&メイソンでお茶してきました♪
お会いするのは2回目。ケーキとスコーンと紅茶をいただきながら。
私の思うmizukiさんはこだわりの人。マニアックだな~といつもにこにこ読んでいます^^
私のイメージは「ナチュラル」だそうです。そうでしょうか!?
素直に嬉しい^^

mizukiさんがアサーティブの本を勧めてくれました。
教えてくれてありがとうございます♡

↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

↓ 私が管理しているトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷AfternoonTeaのある暮らし


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2700人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!



image


ちょっと不眠にめまいに涙もろさ・・・これは更年期なのでは。
そう思って病院で設問に答えて更年期診断をするものの、点数が低すぎて薬もらえず。
たしかに、更年期特有のホットフラッシュ、汗もかかないし熱くなることもない。
・・・そんな時、同じ症状の「夫源病」があることを知りました!!



もしかして夫源病?更年期に似ている意外な原因

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_m

石蔵文信・著「妻の病気の9割は夫がつくる」

日本ではじめて「男性更年期外来」を開設した医者である著者が、夫の病気を治すために妻たちのカウンセリングも行う流れで、夫が原因のストレス性の症状・病気を見つけました。
「夫源病(ふげんびょう)」とは、読んで字のごとく、夫が源(原因)の病気です。
夫の何気ない言動に対する不満や、夫の存在そのものが強いストレスとなり
妻の心身にめまい、動悸、頭痛、不眠…といった更年期障害のような症状が現れる病気のことです。

夫を持つ妻なら、若い人から60代までかかる可能性がある症状だそうです。

本の内容は・・・
第1章:妻の病気の9割は夫がつくる
第2章:女性ホルモンが減ると夫源病になる
第3章:夫源病の引き金「生活習慣」
第4章:夫源病の引き金「お金」
第5章:夫源病の引き金「家事」
第6章:夫源病の引き金「子育て」
第7章:夫源病の引き金「両親」
第8章:いますぐできる夫源病の治し方

テンポよくわかりやすい構成になっています。

芸能人の上沼美恵子さんも「夫源病」で別居をしていると話題になりましたね。
まずは、2つのチェックリストで「夫源病」の可能性を調べてみてください!


「夫源病」危険度チェックリスト

✔人前では愛想がいいが、家では不機嫌
✔上から目線で話をする
✔家事には手を出さないが口は出す
✔妻や子供を養ってきたという自負が強い
✔「ありがとう」「ごめんなさい」のセリフはほとんどない
✔妻の予定や行動をよくチェックする
✔仕事関係以外の交友や趣味が少ない
✔妻が1人で外出をするのをいやがる
✔家事の手伝いや子育てを自慢する自称「いい夫」
✔車のハンドルを握ると性格が一変する


4個以下・・・セーフ
5~7個・・・夫源病予備軍
8個以上・・・明らかに夫源病
*本より抜粋

・・・私、全部〇になりました(汗)
かなり手を打って回避策はしているのですが。。。



夫源病になりやすいタイプとは

✔我慢強くて弱音を吐かない
✔几帳面で責任感が強く、仕事や家事に手を抜けない
✔感情を表にするのが苦手で、人前で泣いたり怒ったりできない
✔人に意見するのが苦手で、理不尽なことを言われても反論できない
✔「いい妻」「いい母親」でありたいという意識が強い
✔外づらや世間体が気になる
✔細かいことをクヨクヨと気に病む性格だ
*本より抜粋

う~ん、全部〇です!(苦笑)
クヨクヨ考えても一晩寝れば開き直れますが。

良妻賢母であろうとする女性が夫源病になるやすいそうです。
・・・そういえば、高校文集で「クラスで良妻賢母になりそうな人ナンバー1」でしたもん(苦笑)
昔から真面目なんですね。。。




「夫源病」の傾向と治し方

この本の中には、色々な場面でのチェックリストが載っています。
冒頭のチェックリストが全部〇の私でも、細かい部分ではそうではありませんでした。

男性の考え方や行動を見て、考え方を変えたり対策をとるだけで結果が変わってくるということがよくわかります。

特に、子育て世代によくある不満も書かれていて、子育て世代も読んで欲しい本です。

ちなみに治し方は、「意見を伝えて、プチ喧嘩」だそうです。
もちろん、最終手段の方法までケースバイケースでかかれています。

意見は伝えるし、よくケンカしているという方もいるでしょう。
そういう人は、そもそも夫源病にかからないのでご安心を!
反対に「婦源病」という言葉もあるようですよ^^

夫に教頭先生のように諭される私ですが、反論や意見を伝えよう。
本来は自由人で適当人間な私が、これからも同じように続けるのは無理なんです。
まずは、スーパーのお買い物、1秒でも遅れないで玄関に集合的な変なストレスはNOと言おう(笑)

↓ 暮らしも夫婦のことも考える本、こちらもおすすめ!


IMG_4985
といいつつ、昨日の結婚記念日は、夫婦でお食事に行ってきました♪
これからもよい関係であるように、良妻賢母神話は断捨離しよう!

↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

↓ 私が管理しているトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷AfternoonTeaのある暮らし


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2600人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!





image

 

そろそろ私も子育て終盤。
そして、来年には50歳。
そんな時に、仲良くさせていただいている、ブログ「Rinのシンプルライフ」のRinさんが本を出版されました。
きっと私のために書いてくれたんだ!そう思って読んでみました♪


本『子育てが終わったら見直し時・50代からの暮らしの整え方』を読んで

Rinさんは、整理収納アドバイザーと居宅介護支援専門員の肩書を持ち、フルで仕事もされています。
さらに、毎日読んだ人が元気になれるブログも更新されています。
Rinさんに皆会いたくて、月1ペースでブロ友と集まっています。
笑顔で元気になれるんですよね~。

↓ Rinさんのブログです♪



Rinさん著『50代からの暮らしの整え方』

IMG_4720
ブログによく登場してくる優しいご主人。仲良し夫婦の挿絵が素敵な丁装です!
はじめよう!私にやさしい暮らしと家事
・暮らしを小さく
・家事をゆる~く
・忘れ物を防ぐ
・物を少なく
・ひとり時間を大切に
帯に書かれている言葉。
年を重ねていくと、今までしていたことがちょっと大変だなと思ってきますよね。
私にも「自分時間を充実させるためのヒントが見つかる!」ような気がします♪

内容は・・・
第1章 暮らしのサイズを小さくする
第2章 捨てる物ではなく残す物を考える
第3章 家の中をこざっぱりと、清潔に
第4章 ストレスのな片付け
第5章 転ばぬ先のやさしい家事
第6章 明るい気持ちで暮らす

という6つの章から成り立っています。

自分で管理しやすい暮らし方と楽しく過ごせるようにする、
50代からの暮らしの整え方のコツですね。
私のこれは!と思ったことをピックアップしていきたいと思います!



小さな平屋暮らしにした理由

Rinさんは今年、マンションから小さな平屋暮らしをスタートさせました。
高齢になると一軒家からマンションに引っ越す方も多いのに、しかも介護の仕事をされているRinさんなのに、どうしてかなと実は疑問に思っていたんです。
この平屋の家が終の棲家になるのか?それは何とも言えません。
100歳まで生きますよ、と以前占いで言われたRinさん。
この家が最終形とは思っていなかった、ということがよくわかりました^^
「先々を考えて」ではなく「今」を考えた家だったんですね。

この平屋の間取りや工夫していること。
無印良品のテーブル使いは必見です!
きっと、この家の間取りは「シンプルライフの平屋」として住みたい方がたくさんいると思います。
どこかのハウスメーカーでそのうち企画があるかもしれませんね。


「自分の10着」を選んでみる

以前はたくさんの服をもっていて、着る服がないと悩まれていたそうです。
きっと、みんなそう!
Rinさんが選んだ渾身の10着は、Rinさんの定番の服で、Rinさんをきれいに魅せてくれる服たちなのだ、その感じました。
私も選んでみよう!


毎朝15分のちょこっと掃除

子供ももういないしペットもいない。
それもあるけれど、働きながら家の中をきれいにするコツがたくさん書かれています。
15分で家の中をきれいにするコツとアイディアたち。

もちろん、朝にブログを書きあげているというのもすごいもの。
ブログネタはいつも10どころか100あるという噂もあるんですよ。
掃除をすることを最終目標にせず、暮らしを楽しむ時間を生み出す秘密がいっぱいでした。



空いたこども部屋の活用

義実家の昔の子供部屋。
家具も教科書もそのままでした。
義母は片づけたいけれど捨てられない。
空いた子供部屋を「使わない物置部屋」にする
「要らないもの」だけを入れておく。
いざというときには、中身を確認せずに処分してもらう、というシステム。

目からうろこの方法でした。
「要るもの」と「要らないもの」を分けておく。
周りに伝えておく。
動くのも大変になってきた母に伝えました。できたかな?


転ばぬ先のやさしい家事

50代といえば、老いを感じていくお年頃。
2年先を行くRinさんの話をいつも他人事のように聞いていました。
忘れ物対策や片付けを通して怪我をしないようにすることとか。
そして加齢臭とか(!)

たしかに昨年、ペットの遊具につまづいて床に顔面強打したのは私です。
顔がリバウンドしました。それからはとても気を付けています。
そろそろ老化が気になったらRinさんにアドバイスを求めようと思います^^



夫婦の関係

夫婦円満のRinさん夫婦。
それぞれが自分の好きな時間を楽しんで、ピンポイントで時間を共有している。
夫婦の距離感とお互いに大切に思いやる気持ち。
・・・見習いたいものです^^




まとめ*50代からは、明るい気持ちで過ごす

子育てが終わった世代×50代から×暮らしと家事の見直しをしたい方におススメの本でした。
もちろん、子育て世代にも役立つポイントもあり、若いうちに将来を見通せるのでいいですよ。

残りの人生を軽やかに生きるために、まずは自分の周りを整える。
自分にやさしい暮らしをめざす。
自分が幸せだと周りもシアワセにできる。
そうしたら、Rinさんのように周囲の人に笑顔と元気を与える太陽のような人に近づけるような気がしました。

自分が「今1番シアワセ」だと言える今と未来にしていこう!

↓ Rinさんの1冊目の本はこちらです♪


↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

↓ 私が管理しているトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷AfternoonTeaのある暮らし


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2600人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!





image

「お気に入りの本を教えて!」という記事リレーのバトンを受け取りました♪
今回も第3走者、頑張ります~!

Rinさん企画です♪
↓ 入籍前の娘さんに手渡ししたのは、人生の支えになる本でした(涙)!


小豆ちゃんからバトンを受け取りました♪
↓ これが、ミニマリスト御用達の子育て本!



子供と読みたい、私のお気に入りの本

私からは、小さい頃に読んだお気に入りの絵本です♪

「カロリーヌ」シリーズ

FullSizeRender
4歳の頃には自分で本を読んでいました。
6歳上の従兄からもらった絵本全集30冊がとても面白くて1か月ほどで読破した思い出があります。
(覚えています)

その中で特にお気に入りだったのが、カロリーヌという女の子と動物たちの物語シリーズ。
本は、そのうち私の従妹にもらわれていったのですが、その後フェリシモで復刻されました。
買いました◎
動物が好きな子供にも大人にもおすすめ!
1ページの挿絵に動物たちがそれぞれしていることで話が盛り上がります。
現代の子たちにもおススメ!

↓ 私はこの本が1番好き。田舎の別荘をDIYしていく様がわくわくします♪
↓ 2番目にこれが好き。私の好きなユピー(犬)が貝拾いに夢中になって・・・。

「おにんぎょうのミラベル」「ジェインのもうふ」

FullSizeRender
小学2年生の時に肺炎で入院しました。
その時の担任の先生が「ゆきちゃんは本が好きだというから」とお見舞いに持ってきてくださった本2冊。
今までたくさんの引っ越しをしても、捨て魔の私が40年以上持ち歩いてきた奇跡!

「おにんぎょうのミラベル」は、たまに読み返しても面白い。
小人に親切にしたときにもらった種を蒔いたら、欲しくて買ってもらえなかった人形が生えてくるという突拍子さとその挿絵を見入ってしまう楽しさ。
もう1つの話もお気に入り。

「ジェインのもうふ」はお気に入りの毛布がどんどん小さくなって・・・子供の成長を感じる本です。
娘が、久しぶりにこの本を見て「懐かしい!たくさん読んだな~」と覚えてくれていました^^

↓ 作者はアーサーミラーさん。マリリンモンローの三番目の夫だそうです!びっくり!


子供たちが好きだった絵本

FullSizeRender
図書館もよく利用したけれど、買った本もあります。
その中でも、子供たちが何度も読んでとせがんできた本は残してあります。
・福音館書店「ふくろにいれられたおとこのこ」
・学研「たのしいにゅうえん」(付録かも)他

↓ すみれちゃんというギンガムチェックのワンピを着た女の子が可愛くて娘のお気に入りの本!



本好きだった私のこれから

FullSizeRender
そして、本好きな子供(私)は、図書館で借りて面白かった本を「好きじゃないな、これ」と母に言われ、本を読まなくなりました。。。

時は流れ、自分の子には読み聞かせをして子育てしました。
時間ができた大学生になって子供たちは読書家になりました。
今では、「この本面白いから絶対読んで!」と勧められることもよくあります。

実用書ばかり読む私ですが、そんな時は子供のお勧めの本を読んで笑ったり号泣したりしています。
子育てを通して、私は私を取り戻しているのかもしれない。
・・・本っていいですね!
絵本は、もしも孫ができたら一緒に読んで楽しみたいと思います!

ちなみに新婚の頃に、私が絵本好きだと気付いた夫が1冊ずつプレゼントしてくれました。
そんなに好きではなかった本は数冊手放してしまってごめんなさい!(6冊は取ってあります)
ここでまた懺悔して終わりたいと思います。。。

次のバトンは、ワーママのあきさんに渡します♪
↓ あきさんの、夫や家族の記事が私のツボ!


↓ 前回の記事リレー♪ 私のアクセサリーの収納と夫への懺悔あり!


↓ かなり前に娘から勧められた本がこの秋映画化!
福士翔太が主演!観に行きます。号泣スイッチが入ってしまう。。。
今日もまた長いブログにお付き合いくださいましてありがとうございます!

↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

↓ 私が管理しているトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷AfternoonTeaのある暮らし


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2500人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!





image

体をラクに、筋肉はほどよく、柔軟性も身に着けたい。(ただ今、前屈ー12cmなので)
体重よりも、お腹から腰・おしりのラインをきれいにリセットしたい。

スイミングもやっているけれど、それだけでは願いが叶わなさそう。
そう思っていたら、ある本が目に留まりました。


ゼロトレはじめました

石村友見・著『ゼロトレ』

IMG_3406
新聞の広告を見て、この本を読みたいと本屋でチェック。
速攻買いました。
羽が生えたように軽くなる
ニューヨークで話題の最強のダイエット法
ついに日本上陸!
縮んだ各部位を元(ゼロ)の位置に戻すだけでドラマチックにやせる(本の帯に記載)

ゼロトレとは、どこにも力が入っていない心地の良い姿勢を誰でも身に着けられるように、体の角パーツのポジションを「本来の位置に戻す」ように考えられたトレーニングです。

あらゆるダイエットがムダな理由が書かれていました。
ちぢんだシャツは、アイロンをかけないと元には戻りません
(中略)
この状態で、汗だくになるまでジョギングしても、心が折れそうになるほど筋トレをがんばっても、ぐっと我慢して食事の量を減らしても、高価なエステも通ってもやせるのは一瞬です。
限りなく100%に近い確率で挫折するか、リバウンドします。

ゼロトレのやり方と、感想

IMG_3398
正しい姿勢で結果をコミットしたいので(笑)ヨガマットを買いました。

↓ 持たない暮らしの小豆ちゃんも買っていた!


FullSizeRender
こんなふうに、頭の部分におく本やバスタオル3枚使って、ゼロトレ呼吸法をします。
テレビ「金スマ」出演したようで、本の高さは12cmと6cmくらいになるように調整するようです。
(本には細かい記載がありませんでした)

0.ゼロトレ呼吸法(本∔バスタオル∔ヨガマット)
1.ゆるめる(バスタオル∔ヨガマット)
2.ひきしめる(ヨガマット)

慣れれば、呼吸法はやらなくていい。
4週間続ける。
その後、成果が出ればやらなくていい。


まだ3日目。
姿勢が正しいのか(体固いので)微妙なのはあるのですが、
むずかしくない
心地よい
最後は、かかと重心のゼロポジションの姿勢になっている
・2日目終了後に腹部が5cmマイナス!
4週間続けてみたいと思います。

↓ 厚すぎず薄すぎず、大きすぎず小さすぎず!小豆ちゃんとお揃い♡
ちょっとゴムくさいですが、そのうち消えると思います♪
ダイエットカテゴリの本ですが、
「首・肩・背中・腰・足指」の5か所をゼロポジション(元の位置)に戻し
さらに脂肪を燃やして基礎代謝を高めます。


実名入りのビフォーアフター写真を見ると、
体重はそれほどではないという人は、体重ではなくて腰の位置がゼロに戻ることによって
ラインがきれいになるようです。(それ狙おう!)


体も心も、ゼロポジションにもどしていく

この本の最後に「私をゼロにもどしていく」という章があります。
お風呂がない狭い家で育った著者が、ブロードウェイの舞台に立ち、体を壊してヨガに打ち込む。
かかと重心の姿勢が羽が生えたように軽くなるということに気付いて、調べて研究して作ったトレーニング。
心のゼロポジションとは、不安・不満・緊張などのない「リセットされた静かな状態」をさします。
「羽が生えたように軽い心」。
体も心もゼロポジションに戻せるか4週間続けてみようと思います♪


↓ シンプル×かかとケアを読む!

続きはこちら





ただ今、ソーラーモバイルバッテリーの実験中!
曇り続きで、なかなか記事にできず。近日中にアップします。

 ↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

▼登録してくださると嬉しいです♪
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!




▼お気に入りをまとめました♪
IMG_0522 - コピー (4)

securedownload (6) - コピー

 

心にゆとりを生む時間の使い方を模索中です。
心の余裕がないのは、時間の使い方に問題があるのでは。
そう思っていました。
ところが、今現在、自分の時間がたくさんあるのに余裕がない。
根本的な解決法が書かれている本に出合いました!


本『超時間術』週40時間の自由を作る方法

メンタリストDaiGo著『週40時間の自由をつくる超時間術』

FullSizeRender
「超時間術」×「週40時間の自由をつくる」。
週40時間とは言わないから10時間でもほしい、そう思い手に取りました。

DaiGoは、TVの他に、ビジネス、作家、大学教授と活動を広げていて、ツイッター、Facebookでもタイムラインによく流れてきます。

この本の内容は・・・
第1章 時間にまつわる3つの勘違い
第2章 時間間隔を正すフィックス
第3章 それでも時間がないあなたに贈るストレス対策
第4章 職場の「時間汚染」に打ち勝つ働き方
第5章 自分の時間を取り戻す8週間プログラム

という5つの章で成り立っています。

本もわかりやすく建設的で、科学的根拠とその解説、対策をまとめています。
この本を心に響いたことをまとめたいと思います。


時間にまつわる3つの勘違い

「時間術」に関する本の多くは、スケジュールの改善や、ToDoリストの利用、細かい締め切りの設定といった対策を提示します。
(中略)
まずはあなたに時間が足りない「本当の理由」を理解しておかない限り、どれだけ「小手先の時間術を使ってもムダだからです。
逆をいえば、時間が足りない本当の理由を知ると、スケジュールの改善がもっと生きてくるんですね。

「物理的な時間がない」「やるべきことが多すぎる」「忙しい人は仕事ができる」は勘違いだとか。
自分は「思ったよりもいそがしくない」事実を認めて「忙しい」と言わない。
「やることが多いのは自分の招いた災害」で「正しい選択ができていない証拠」。。。

これだけで時間が足りない呪縛から解かれます!



時間不足を生み出す原因

「時間不足」の感覚を生み出す最大の原因は、いくつもの目標や欲望がぶつかり合ってしまうことだそう。
運動したいけれど仕事がある。
貯金したいけれど欲しいものがある。
ダイエットしたいけれどもっと食べたい。
勉強したいといけないが眠りたい。

どれも時間に関係ないように感じることなのに、それが時間不足の感覚を生み出していたとは!
そんなつもりはなくても心の奥底で、焦っているから時間がないように感じるんですね。

目標を立てる時点で、お互いぶつかり合わないように組み立てておくのが大事だとDaiGoは書いています。


ストレス対策

この本のすごさは、時間を正すためにストレス対策が、科学的研究のまとめと連動して書かれていること。
15分だけ自然の中でボーツとしてみよう。
最近、犬の散歩コースでお気に入りの景色を眺められるところがあるので、そこで座って休憩しています。リフレッシュできて心からゆっくりとできます。
1番簡単なことはやっていました^^

色々ありすぎるので、最後の8週間トレーニングを試している最中です。





時間が足りない「本当の理由」

DaiGoは、元々時間管理が苦手で、細かくスケジュールを組み入れるスタイルが合わなかったとか。
この本で、ようやく自分の知らなかった時間が足りない本当の理由がわかりました。

  • 時間の勘違いを知って、目標ややることとその障害を書く(コンフリクト・リスト)

  • 「マルチタスク」をやめて、時間汚染を防ぐ

  • 自分の時間を取り戻す「ストレス対策」を取り入れる(8週間プログラム)

最終的に目指すのは「時間を捨ててしまう」こと。時間をなくしてしまえば、もはやあなたは時間に振り回されることもありません。
私の愛読書の1つになりました。
育児でたくさんのことをこなすママにも、忙しく仕事されている方にも、ぜひともおすすめしたい本です!

↓ この本もおすすめです♪



 ↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

↓ 私が管理しているトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷AfternoonTeaのある暮らし


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2300人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!





securedownload (6) - コピー

作り置きを作ったりする時期、簡単にあるもので料理する時期。
短い期間で、私は料理の手の加え方が変わります。(その時の気分です)

ちょうど今は、簡単シンプル調理ブーム。
そんな時にレビューがとてもいい、この本を知って読んでみることにしました。


シンプル×料理書『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』

有元葉子・著『レシピを見ないで作れるようになりましょう』

IMG_1307
昔から活躍している有元葉子さん。
シンプルでセンスのいい暮らしぶりが素敵な料理家です。

帯表紙にはこんなふうに書かれています。
こんな料理書が欲しかった!
家族が喜ぶごはんをサッと作る
そのために知っておきたい、勘所とコツ

レシピ本とも料理本とも違う。
そういうくくりにしたくない、料理書がしっくりくる本です。

写真があって、レシピがあって、ではなく、
そばで有元葉子さんが料理を教えてくれているような文。
鍋の温度や野菜のシャキシャキ感までリアルに想像することができる本。


この本は・・・
・野菜を炒める・野菜と炒める
・野菜を煮る
・野菜を揚げる
・サラダ・あえもの
・肉を焼く
・魚を焼く
・魚を煮る
・魚・肉を揚げる

という流れで書かれています。


今、私が毎日作っているのは、モヤシ炒めか、キャベツ炒め。
今回は、もやしのニンニク炒め。
FullSizeRender
モヤシは、できればひげ根を取る。
水に浸して充分に吸水させる。
「強火で炒めると焦げてしまう」という声も聞きます。
そうだとしたら、それは水分が足りないからです。
炒めるのに水に浸すと、水っぽくなると思っていました。

フライパンににんにくを入れて、多めの油を注ぎます。
火をつけるのは、それからです。(中略)
弱火でにんにくを炒めて・・・
色づくころにはフライパンも充分に熱されていますからここにもやしを入れます。
冷たいもやしが入れば鍋の温度も下がるので、火を強めます。(中略)
もやしはとくに手早く短時間で仕上げたい。
もやしを鍋中に広げたら、2.3秒でサッと返し、裏も同様に焼き付けて塩をパラリ。
*だいぶ省略しています。。。

IMG_1309
シャキッとしたもやし炒めが私にもできました!
野菜煮ではなく、おいしい野菜炒めができるようになりました。
しかも、野菜だけでおいしい^^

↓ 毎日使うようになりました



IMG_1308
もっと早く知っていたら!
家族もおいしいとパクパク食べてくれます。




レシピを見ないで料理を作る、ということ

レシピを見ながら作っている料理は、本を見て知ったもの。毎度見てしまいます。
そうではないものは、見たり聞いたもの。もしくは元々アバウトなレシピ。

有元葉子さんが料理教室でいつも、話していること。
作り方の流れや勘どころが頭に入ったら、もう、レシピを見ないように、と。

この本は、有元葉子さんの料理教室に参加して、そばで見て聞いて作っているような気持ちになります。

野菜、鍋の様子。
五感をフルに使って料理をするとは、こういうことなんですね。

そんなわけで、次は「青菜のにんにく炒め」の修行に入ろうかと思っています。
まだ、ほんの少ししか作ってはいませんが、順番に。
「レシピなしで65品」を作れる頃には、料理もシンプルにおいしく楽しんでいるような気がします。

私のはじめての料理書がこの本だったなら。。。
後世に残る本だと思います。一緒に料理修行しませんか~?



にほんブログ村テーマ

▷やっぱり好き MUJI 無印良品

▷すっきり暮らす

▷日々の暮らしをシンプル&豊かに

▷シンプル・ミニマルライフのファッション

▷ゆるミニマル


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2100人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!





image

エコ洗剤も使うけれど、汚れはしっかりと落としたい。
2度目にお会いして席が隣同士だった時にそんな話をしていたブロ友の奈緒さん。
心待ちにしていた本を出版されました!


本『がんばらない家事』を読んで

「家事を合理的にこなす執念を燃やす主婦(ブログのプロフィールに記載)」奈緒さん!
自宅を建てた後、いかにその家をきれいに保つかを知りたくて、「退去後清掃」のバイトをはじめ、整理収納アドバイザーの資格を取得。
この本には、一般的な暮らしの本とは違う、プロの掃除の方法と汚れを未然に防ぐアイディアが詰まっています。

↓ 奈緒さんのブログです♪



大塚奈緒さん著・『がんばらない家事』

FullSizeRender
ホワイトインテリアの奈緒さんらしい、ホワイト&ブルーの装丁の本です。
イラストもシンプルで可愛いです!
「名もなき家事」にうんざりしてませんか?(帯表紙から)

内容は・・・
1.基礎編
2.応用編
3.実践編

という3つの章から成り立っています。

本がとても見やすく、大切なところはボーダーも引いてあり、後で見返す時に便利です。
これは!ということをピックアップしてみたいと思います。



片づけられないことに罪悪感を持たない

できないことをできる自分に変えるより、自分ができるシステムに変えてしまった方が頑張らなくて済みます。
本当にそう。
自分がやりやすい方法ならできるし、続けやすいですよね。
目からうろこです!


がんばらないでキレイを保つ

・モノを少なくする
・やらない方向で考える
・ラクする方向で考える

奈緒さんのやらない方向がとにかく潔い!
家電に頼って極力家事はしない。
ルンバやブラーバ、洗濯乾燥機までとことん使ってラクをする。
地球環境の前に家庭環境を整える。
強い洗剤で短時間で落とす。ナチュラル洗剤はきれいな状態をキープするために使う。
「掃除がしたい」のか、「キレイにしたい」のか
つい、「片づけや掃除をする」ということに重点をおきがちだけど、「片付けや掃除をしないためにどうするのか」ということが1番大切なんだと気づかされました。


未然に汚れを防ぐ

基礎編・応用編は、本の中ではごく一部。
ほとんどが、汚れを未然に防ぐアイディアと、収納の目からうろこコツが満載です!
ないものは汚れることもないし、掃除する必要もありません。
・トイレの蓋を外す
・自動製氷機は使わず、製氷皿で氷を作る

掃除はスッパリ辞めて、買い替えちゃう
換気扇の外せないシロッコファンをやめて、安いプロペラファンにして1年に1度変えてしまう、思い切ったアイディアにもびっくり!

全部まとめてしまいそうなので、この辺で。
71の技が実践編で書かれています。やってみたいアイディアがいっぱいでした!




がんばらない家事とは、まずは決めること

この本は、「そこそこキレイ」に快適に暮らすコツや、短時間できれいにしてくれる洗剤や使い方が、わかりやすいイラストと共に書かれています。

今までいくつもの暮らしの本を読んできましたが・・・

ブログ同様にサバサバした奈緒さんの語り口本のプロフィールにも記載あり)
一般の主婦でもできるプロの掃除方法やコツ
家事を未然に防ぐ、目からうろこのアイディア


オススメの本でした^^
何より、きれいな家で室内犬も飼っている奈緒さん、親近感がわきます。

休みの日は家事をやらないことにする
私も片づけや掃除よりしたいことを叶えるために、「がんばらない家事」のシステム作りをしていこうと思います!
まずはどのアイディアから試そうかな~^^

↓ こちらもおすすめの本です♪


にほんブログ村テーマ
▷暮らしを楽しむラク家事*

▷無印良品の収納 - MUJI -

▷すっきり暮らす
▷日々の暮らしをシンプル&豊かに

▷シンプル・ミニマルライフのファッション


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2100人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!





image

そろそろ私も人生後半戦。
まだ学生の子供がいるけれど、今のうちにもっと暮らしをシンプル化したいなと感じはじめました。

そんな中、ツイッターで最近交流をしている、ブログ『さよのシンプルライフ』のさよさん。
少し先をいく姿とシンプルライフを覗いてみたくて、著書を読んでみることにしました。


本『今日からだれでも片づけ上手。』を読んで

さよさんは、私がこのブログを始める前からブログ村で上位にいたブロガーさんです。
「断捨離」「片づけ」の記事をよく拝見していました。
さよさんは、お子さんがこの世を去ってから思い出を胸に、片づけを始めた経緯があります。

今は、娘さんが結婚されて、お義母さまと同居を始めたばかり。

↓ さよさんのブログです!


原田さよさん・著『今日からだれでも片づけ上手』

FullSizeRender
ほっとする装丁が素敵な本です!
モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
「片づけ」は、「片をつける」といいますよね。
この言葉が心に響きます。


内容は・・・
1.人生後半からはじめる片づけ
2.家族の現状に合わせた収納づくり
3.シンプル家事で、毎日をラクに
4.50歳からのモノ選び
5.人生をシンプルにする5つに考え方

という5つの章から成り立っています。

収納テクニックではなくて、心に寄り添った人生の片づけの本だな~と感じました。
この中で、私の心に響いたことをピックアップしていきます!


中身が見える収納グッズを使う理由

物の位置を覚えるとき、文字で記憶する人と、形や色で記憶する人がいるのはよく知られていますね。私は間違いなく、形や色で記憶するタイプです。だから中身が見えない密閉容器は使いこなせません。
私も、形や色で記憶するタイプだと思います。
だから、結婚してから買う容器は中身が見えるものにこだわってきました。
特に冷蔵庫は徹底しています。
食品をだめにしてしまう自信があるからです。

↓ さよさんの最近の記事です!


収納グッズは、無印良品の半透明のファイルボックスを愛用しています。
ホワイトグレー色が登場する以前に購入をしたものです。

私は整理したあと、家族が使いやすいようにラベリングをしています。
それなのに、「**はどこ?」と家族に聞かれることがよくありました。
家族も文字(ラベリング)ではなくて、形や色で判断するタイプなんですね。

反対の立場なら私もきっと同じように探すんだと思います。
ただ自分が片付けして移動したからわかるだけなんだ。今頃気づきました!



自分の好きな物が集まったチェストを置く理由

さよさんは、ダイニングテーブルのすぐ横に3段のチェストを置いて、自分のモノを置いているそうです。(今現在は、同居のため、このチェストを義母用にしたようです)

私も、社宅時代からティーカップや自分の本などを収納する食器棚があります。
自分のモノを大事に集めて収納する。
自分自身や、自分時間の質が上がったと感じています。

↓ 私の棚はこちら♪


↓ 私の休日の1人時間はここです♪


子育て真っ最中で忙しい女性こそ、自分だけの場所を、使いやすいキッチンやリビングの一角に作ってほしいです。
本当にそれは大事にだと思います^^


ダメな自分を丸ごと受け入れる

努力さえすればなんでも手に入ると思っていた若いころ。私にとって大切なのは、欲しいものを持っていることと、平均から落ちこぼれないようにすることでした。
子育て中の気づきから考え方を素直に少しずつ改めてきた経緯がつづられています。
人と比べてしまう自分を認めて、方向を変えていく。


ようやく私も、できる自分とできない自分を「自分らしい」と笑って受け入れられるようになりました。そうすると毎日楽しい。
ここまで生きてきたのも上出来だと心から思えるようになりました。


片づけ上手が大切にしているモノとコト

おしゃれでかっこいい友人が「うちを使ってくれたらいいよ」と5家族で押し掛けた時のエピソードがつづられていました。
イメージとは違う、モノが多い。
だけど楽しく飾られていて、モノを把握してテキパキ動く友人。
大切なのはそこに住む人の満足度であって、物の多さ少なさじゃない。
最近、断捨離ブームで「モノがすくない」ことがいいようなイメージが持たれているけれど、全部捨てなくてもいい、お気に入りと過ごす1日はやっぱり機嫌よく過ごせます。

自分が気持ちよく過ごせるのが1番なんだと改めて感じました。



人生をシンプルにする片づけ本

53歳、言い訳ばかりのダメ主婦だった私がシンプルライフを手に入れた
片付け本を読んで、片づけセミナーで学んで、家を整えてきたさよさん。
片づけの経緯とやり方が、読む人に寄り添ってくれる本になっています。
さよさんのお人柄が伝わってきます。

読んだあとに、心もすっきりしました。
私も自分自身、家族が機嫌よく過ごせるように片づけていきたいと思います。

年齢問わず、家も心も、片づけたい。すっきりしたい人におすすめの本です!



にほんブログ村テーマ
▷断捨離でゆとり生活

▷やっぱり好き MUJI 無印良品
▷すっきり暮らす

▷日々の暮らしをシンプル&豊かに

▷シンプル・ミニマルライフのファッション

▷ゆるミニマル


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2000人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!



image

ただ今、スキンケアとファンデーションをお休みしています。
何か、つけた方がいいはず。
例えば、ワセリンはどのくらいの乾燥具合でつけたらいいのか。
ファンデーションをつけたいときにはスキンケアはどうすればいいのか。

指南書が欲しくて、肌断食推奨の本の中からこの本を読んでみました。


本『化粧品の頼らない素肌美人のつくりかた』*私の肌断食計画

Dr.山口麻子・著『化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた』

IMG_0169
美容皮膚科医が自ら実践するシンプルスキンケア。
ファンデーションも化粧水もクリームも10年以上使っていないと本の帯表紙に
書いてあります。

キレイな先生ですよね。
スキンケアだけではなく、暮らしもかなりシンプルなようです。
私はムダなものがきらいです。
持ち物はわずか。下着もブラジャーが2枚。マグカップも茶碗も1個ずつ。
ティッシュペーパーをむやみに使うのも、過剰な暖房も冷房も好きではありません。
洋服やバッグは上質なものを数点だけもち、長年にわたってていねいに使います。

「肌断食」で有名な宇津木先生の病院勤務中に、シンプルケアに開眼したそうです。


内容は・・・
1.ファンデーションを塗らない
2.クレンジング剤を使わない
3.化粧水もクリームも塗らない
4.シンプルなポイントメイクを楽しむ
5.日焼け止めクリームはなるべく使わない
6.髪がお湯だけで洗う
7.ボディクリーム、ローションを塗らない
8.シワ、たるみは笑顔で防ぐ
9.糖質よりたんぱく質をとる
10.本質を見極める知性をもつ

という10の章から成り立っています。

40代からのビューティフルエイジングクリニックを開院されているだけあって
本の文字が見やすく大きい!
そして、わかりやすい説明と、ステップを踏んで肌断食のする方法、メイクをする方法など、私が知りたい情報が満載でした。


私の、肌断食計画

以前から「夜だけ肌断食」を実践していました。
夜は純石鹸で洗顔するのみ。




3月くらいから肌あれ、かぶれ。
少しよくなったので、さらにシンプルケアにしたものの、肌荒れぷつぷつ。
そのまま、何もつけない暮らしをしていました。

調子はいいけれど、多少皮膚がつっぱる。かさつかない。
ミネラルファンデーションだけつけると乾燥する。

この本を読んでみて、実践しようと思ったことは・・・

✔日焼け止めを塗らない

塗ったら荒れるので、普段はあきらめることに。
その代わり、ホワイトケアのサプリを飲むことにしました。
15分以上日に当たる時用の日焼け止めは買おうと思います。


✔ファンデーションは普段はつけない

普段は、脱ファンデーションに。
今までのパウダーファンデーションは塗りすぎでした(反省)
勧めていたパフで塗るミネラルファンデーションを探そうと思います。
お出かけの時のみにします。


✔アイブロウの頻度を下げる
「アイブロウをやめると自前の眉毛が復活する」
2か月ほど眉をすっぴんにして過ごすうち、外側にも眉がちゃんと生えてきました。
片側は前髪で隠れるのでつけないようにします。
そして、生えてきたら、分け目を変えて反対側を隠してみようかなと(笑)


✔糖質、脂質を減らす

肌荒れしやすい人は糖質と脂質のとりすぎが原因のようです。
思い当たりすぎます!!

揚げ物は週1に。お菓子は少なめにします。(これならできます!)



肌を見直すことは、暮らしを見直すこと

すでに、シャンプーは週2ほど使うのみ。
ボディクリームもつけていません。

肌に何もつけられない、ということは、自分の内面のケアも同時に手厚くするということ。
ちょうど、年齢的にいいタイミングだったのかも。
ワセリンを塗るほど乾燥していないということもわかりました。

自己流よりもやっぱり実践しているドクターの本はやっぱり心強いです。
興味ある方にお勧めしたいです。
そして、今までしっかりケアした方は「夜だけ肌断食」から始める方が心折れないかなと思います^^

あとは、本質を見極める知性がほしい(笑)

おすすめカテゴリ

IMG_0175
自然農法のハーブティーと手作りのブルーベリーマフィンでティータイム♪
・・・食べました^^

にほんブログ村テーマ
▷シンプル・ミニマルライフの美容と健康

▷やっぱり好き MUJI 無印良品
▷すっきり暮らす

▷日々の暮らしをシンプル&豊かに

▷シンプル・ミニマルライフのファッション

▷ゆるミニマル


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2000人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激です!




securedownload (6) - コピー


昨年12月のライブドアブログ大忘年会に参加しました。
そこで、お会いしたブログ『MakeLife+ゆとり時間』の今井知加さん。
収納も好きだけど、ノートの記事が特に大好きです。
整理収納アドバイザーでお片付けの本を出しているので、読んでみました♪


本『収納のきほん』*部屋がずっとキレイなお片付け力

IMG_9799

知加さんは、薬剤師×整理収納アドバイザー。
ブログは、理系目線で「脳科学」や「しあわせ時間」などなど気になるワードがいっぱい!

↓ 知加さんのブログです♪


片づけられない人はこうすれば「変わる」

昔から掃除が嫌いだったという知加さん。

休日は掃除で終わる。
探し物が多い。
もっと自分時間を増やしたい。

そう思って、どうしたらいいのか考えて行動に移した方法が書かれています。

整理×収納+習慣=片づく家

「習慣」
キレイに収納しても、出しっぱなしにしたままだとあっという間に吹き溜まりになりますよね。


ものが減れば絶対ラク!捨てるが無理なら手放そう

「不用品を売る」にこだわりすぎると断捨離できない
すっきりさせるはずが、売ることが目的になってしまう。
他に譲る、売る方法が書いてあるので参考になります。

そして、今使うものを取り出しやすい所に置く。
そうでないものは低い位置に置くなど、忘れがちなことに納得しました。



リバウンドしない「分け方」と「しまい方」

「片づけのきほん」が詳しく簡潔に書かれていて、まるで教科書みたいです。

「子どもでもわかる収納」=「ラクできる収納」

もとの場所に片づけない人でも、子供がわかる収納なら、きっと片づけられるはずです!



プチプラの超優秀アイテム15選

グッズ選びは「何を入れるか」から始める

収納選び、失敗することありますよね。

でも大丈夫。
無印良品、ニトリ、ホームセンター、イケア、100均から収納グッズを選ぶコツ。
サイズや入れ方、メーカーを超えた収納の合わせ方など。
全ての収納を把握しているのを見たのは、実は初めてです!すごい、保存版です。



「散らからない」にはコツがある・エリア別の収納・実践編

使う場所と動線を考えたら収納は8割決まる!

エリア別のモノと収納の本当の実践編です。
真新しい家で、この本片手に収納していきたいくらいの内容です。

「あれこれ整理術」のページは、紙類です。
ここを見ていると楽しい(笑)




お片付け力は一生もの

最近、大学生の娘に「お片づけの勉強をしたらいいと思うよ。一生ものだから」と話しました。
なぜなら、この本の帯に書いてある言葉が心に響いたので。

お片づけ力は一生もの。人生の無駄な時間がなくなります。

プロの目線×片づけられなかった経験が詰まった、片づけの方法から収納までの充実した本でした。
きっと「お片付け力」があがります!


この本もおすすめです!

近々、『認定方眼ノート1dayベーシック講座』を開くそうです!→★詳細はこちら

そこで、知加さんが過去におすすめしていた本を入手しました。
IMG_9898
✔「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」
✔「寝ている間も仕事が片づく超脳力」

無印良品の方眼ノートを使って、自分なりに思考整理しています。
収納も、ノートや手帳術も楽しいですね!

にほんブログ村テーマ
▷イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

▷やっぱり好き MUJI 無印良品
▷すっきり暮らす

▷日々の暮らしをシンプル&豊かに

▷シンプル・ミニマルライフのファッション

▷ゆるミニマル


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録1900人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪



image

私が、このブログをはじめる前のこと。
ブログ村のミニマリスト、断捨離、節約カテゴリブログを読むのが好きでした。
そのミニマリストカテゴリで1位に君臨していたのが阪口ゆうこさん。

昨年12月、ライブドアブログ大忘年会でお会いすることができました。
ブログよりもっとパワフルな方でした。
・・・圧倒された(汗)

そんなゆうこさんの書かれた本を紹介したいと思います♪

本『ゆるミニマルのススメ』を読んで、家族のちょうどいいを考える。

ミニマルスト、シンプルライフといえば、ブログ『HOME by REFRESHERS』の阪口ゆうこさん。
「ライブドアブログ OF THE YEAR 2017」グランプリも受賞したトップブロガーです!
簡潔、鋭く、温かい文章にいつもはっとさせられます。

この本は、断捨離ハイを経験したゆうこさんが、自分も家族も笑顔になれるシンプルな暮らし方とその方法をまとめた本です。

↓ 大人気ブログです!
ずっと「ビールの人」と呼んでいた私をお許しください。。。


暮らしやすさのコツを見つける

笑顔がいっぱいの家族との写真がいっぱいの章です。
「まわりに感謝する」「友だちづきあいはシンプルにしない」「簡単には捨てない」など。

片付けを通り越して、断捨離することが目的になったことがあるとのこと。
家族の使わなさそうなモノを捨てて家族が悲しむ。
私もありました。
それはしてはいけないと、その時初めて知ることができたんです。

シンプルに暮らせない理由を探ろう

「すっきり暮らせない理由がわかる診断チャート」が載っています。
4タイプに分かれてアドバイス付き。
私は「使い捨て思考の無機質型」。
当たってます!

自分自身のタイプが分かれば、シンプルに暮らす近道になりますよね。

ただ、モノが好きなので好きなものは大事に使います。
18歳で買ったブリキのゴミ箱は只今、玄関外に傘入れとして大事に使っています。
(30年もの!)


買うもの、手放すものを考えよう

ゆうこさんの、購入時の審査と手放す時の審査は考えさせられます。
モノ1つをしっかりと見つめて考える。
2度と失敗しないように考えることは大切です。

ファッション・キッチン・バスグッズ&コスメ・生活雑貨・アウトグッズなど持ち物とその考え方がイラスト入りでわかりやすく書かれています。

最後の、「ものは勝手にどこかに行ったりはしない」というコラム。
モノが多くて探し物が多かったゆうこさんの経験に納得しました。

シンプルな暮らしを楽しもう

ここの章が本当に私のツボです!
ゆうこさんの家の間取りから収納が写真入りで全部わかります。

まず間取りがムダなく使いやすい。
今から同じ間取りにしたいくらいです。

アウトドア好きなご主人のグッズを玄関納戸に集結している様が圧巻。
1階にある家族全員分の服を収納できるウォークインクローゼットも、洗濯からの動線が最短でいい。

書斎もシンプルでかっこいい!
そこに子供の作品を飾っているところが、温かみもあって素敵。

シンプルをキープしよう

「昨日よりいい」でじゅうぶん。
100%を目指さない。
理想に近づくプロセスをがんばるのではなく、楽しむ。
楽しんでいると家族も面白そうだなと感じるのかもしれません。


おわりに

どの章の最後にも1ページのコラムがあります。
とても読みごたえがあって、私はそこが好き♡

つい、断捨離ってストイックになりがちです
断捨離をしていく過程が目的になりがちだけど、その先にある自分や家族の笑顔が最終目的だと改めて感じました。

ゆうこさんの「人付き合いを断捨離しない」というところがとても好きです!
自分時間好きだけど、自分を作っている全てのことは人とのつながりからなんですよね。
そう思うと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そんな周りを大事にするところが、本からもブログからも溢れてきます。
ゆるくミニマリストになりたい。
家族円満に、シンプルライフを目指したい!という人におススメしたい本です!

IMG_6733
最近お気に入りのパパのクッションでお昼寝ガッチャン!
写真を撮っていると、ジェラシーメラメラなわんこ(笑)
きょうのにゃんこ🐾

今朝も癒されました~♪


*LINE読者1600人超えました*
↓ お読みいただき、ありがとうございます♪



*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




image

今年の目標の1つは、お金を整えるです!
ブロガーやインスタグラマーのお金と暮らしが本が出版されたので手に取ってみました。

本『わたしの「お金」ルール』を読んで、お金と暮らしを整える

IMG_6478
有名ブロガーとインスタグラマー10名による、お金と暮らしの本です。
それぞれのお金の管理や考え方、暮らし方がわかりやすく書かれています。
ブログ『Rinのシンプルライフ』のRinさんが宣伝していたので買ってみました。

お金のルールにとどまらず、暮らし方まで書かれていてとても充実していました。
簡単にまとめてみたいと思います!

家計ノートルール

それぞれの家計ノートの方法、続け方などが写真付きで分かりやすく載っています。

面白い!と思ったのは、hanaさん。
家計簿ではなく、月1回貯金簿を記入すること。

自分に合っていると思ったのは、hana.ienoteさん。
自動集計してくれるエクセルで、レシートがまとまったら入力していくのが合っているのかなと思いました。

暮らしのルール

買い物の仕方から、モノの付き合いまでそれぞれの目線で書かれています!

あえて休日に常備菜を作らない。
ネットで買い物をする。
スーパーははしごしない。

など。
どれも、きれいな家の写真が載っているので、お金を整えるとこの暮らしが待っているような気がしてきます!

モノ選びルール

それぞれの買い物のポイントが書かれています。
家、家族、長く使えるもの、などお金のかけどころは皆違うけれど、散財してしまう人とはやっぱり違う考え方ルールが存在するようです。

年間お金ルール

お金が整っている人は、長いスタンスで考えているもの。
しんどくならないように、楽しいご褒美や目標があるから普段も必要なモノだけ買うが実践できていると思います。


まとめ

全体的にルール方式でまとめてありますが、有名ブロガー3名の暮らしぶりをピックアップしてあったり、失敗談があったりと充実した内容になっています。

色々な世代や暮らしぶりで、お金の使い方も違うものです。
ポイントを押さえて、お金の達人たちのルールを知ることは、お金を整える近道になるかなと思います。
自分が気に入った方法を実践している方の、ブログやインスタを見て真似していくのがおススメです!

お金を整えると、暮らしが整う。
暮らしが整うと、お金も整う。

私も、早速、レシートの整理をしたくなりました^^





IMG_6459
昨日は、都内へ紅茶の勉強へ♪
最後に、いただいたスイーツは、りんごのコンポートの綿あめ乗せ!
紅茶のマリアージュを感じるシアワセなお味でした^^
Tea time☕

*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


image





家事や雑用に取られる時間が多くて、自分時間を楽しむことが上手くできていないような気がしています。
「丁寧に暮らす」というと聞こえはいいけれど、やらなくてもいいことに時間を割いているのでは!と行き当たりました。

今年の目標でもある「時間」を制するには、ラク家事を制するしかない!

と昨年思い始めていた頃、人生を謳歌している(ようにしか見えない)Rinさんが、ラク家事の本を出すと聞いて心待ちにしていました。


本『心地よく暮らす大人のラク家事』を読んで、手抜きのさじ加減を考える


ブログ村のシンプルライフカテゴリではいつも上位のブログ『Rinのシンプルライフ』のRinさん。
軽快なテンポと語り口に心惹かれる方も多いと思います。

実際にお会いしてみると、ブログの中から飛び出してきたような、楽しくて心温かい人柄の、周りを太陽のように照らしてくれる方なんですよ!

↓ Rinさんのブログです!


整理収納アドバイザー1級の資格から導き出される収納と、シンプルでセンスのいいすっきりした空間。
自分時間を十二分に楽しんでいる理由とコツが濃縮されている本の中から、これは!思ったことをピックアップしたいと思います。

まず、ものを減らす

「ドイツ人は使うものを収納するけれど、日本人は使わないものを収納する」
子育てがひと段落してから整理収納アドバイザーの勉強を始めて出会った言葉だそう。
片付けるためには、まずものを減らすこと。
それが、シンプルに心地よい暮らしを手に入れる第一歩です。

すっきりしたクローゼットの作り方が、分かりやすく解説されています。

「思い出のものは捨てない」「40代のリセット適齢期」という項目が心に響きました。
適齢期に本が読めてよかった!

暮らしやすさ重視で片付ける

片付ける目的を決める。
それはライフスタイルを決めること。
「すっきりした部屋で、すっきりと暮らしたい」と思っていた私ですが、その先の暮らしのイメージがどうも乏しかったのです。

好きでもない時間をすごさず、ラク家事をして、自分時間を満喫したい。そう強く思いました!

そして、近い将来どう暮らしたいのか。何をしたくないのか、書きだすことで見えてくることがあるとのこと。早速書きださなくては!

「動かないで調理できるキッチン」「デッドスペース大好き」などなど改善しようと思うことがいくつも出てきました。
これは、また後日改善して記事にしようと思います^^


手間を減らす

見た目をきれいにするために、手間を増やすのはやめました。
本末転倒だからです。
Rinさんのやめたことが分かりやすく書かれています。

Rinさんといえば、つるす収納。
そして、磁石でくっつける収納!これマジックですよね~(笑)

家事は最小限で効率よく

ここの章が、1番私のツボです!
平日の過ごし方の、ラク家事のビフォーアフターが表で載っています。

家事の時間が、4時間から40分へ。
自分の時間が、0分から4時間へ。

休日には、家事を済ませたらずーーっとビデオ三昧の日があることを私は知っています。
どうして、こんなに違うの?そう思っていました。

朝の掃除は20分に。
掃除機は週1に。
洗濯は外に干さずに、浴室か洗濯機で乾燥させる。
作り置きおかずで、平日の夕食が15分で仕上げる。

娘さんから「お母さんは楽しんでいない。もっと人生楽しんで」と言われていたなんて、全く想像できません。

自分時間を楽しむ

夫婦仲良く、別行動がいい。
行きたい場所は違うのに、無理に一緒に出掛ける必要がないからです。
最近は、私も行きたくないところはお断りしています。
休日は、お互い好きなことをして、夕食を一緒に笑顔で囲めることができる事が嬉しいです。

Rinさんの夫婦のように、会話の時間を増やす方向に進みたいです。


手抜きのさじ加減

本の帯の裏に「50代になってわかった手抜きのさじ加減」とキャッチコピーが書かれています。
どうりでまだそのさじ加減がわからなかったわけです(笑)

もう少し猶予があるので、この本をお手本に、Rinさんの後を追って、楽しみながら改善していこうと思います!
このタイミングでこの本を読むことができてよかった。
私のために書いてくれたとしか思えません。。。

年齢に関係なく、シンプルに暮らしたい、自分8割×主婦2割を目指したいという方にも、おススメしたい1冊です!





*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチいつもありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


image





いつもやることに追われたり、追ってみたり。
ゆっくりとくつろぐことが苦手です。
だからこそ、こまめに紅茶時間をたいせつに過ごしています。

今年の目標は、『時間を整える』。
そう決めていた12月に出会った本がとてもよかったのでおススメしたいと思います!


「自分を休ませる練習」のススメ

image
タイトルを見て、ドキッとしました。
どうしたら、ゆっくりと過ごすことができるのと思っていたから。

「自分を休ませる」を練習していく。
著者の矢作直樹氏は、医者でもあり東京大学名誉教授でもあります。
そういう目線からの切り口が新鮮でした。
この本の中で特に心に響いたことをまとめてみます。


マインドフルネス「今この瞬間」に気づく

医師として患者を診てきて感じたこと。
治してもまた同じ生活を続けてストレスフルの状態でまた病気になってくる。

忙しい毎日では自分の心をぎゅっと抑制して、自分でその状態に気づかないことが多いようです。
自分の心身を開放して、「本来の自分を取り戻す」ことが大切です。


「頑張りすぎる人」は「いいかげん」になる

頑張る人は、家でも職場でも重宝がられます。
それが、皆の憧れだったりするわけですが、頑張る人は頑張りすぎる人になりがちだと著者は言っています。
いい意味での「いい加減さ」が必要だとも。

つい「こうしなければいけない」「こうするべき」と思ってしまいます。
頑張りすぎて、自分も、周りの誰かも苦しめているかもしれません。


「美しい所作」は、心とからだにいい

著者は、家の中の私を覗いているのかとドキッとしました。
ついバタバタと倍速でこなしていて、夫が家にいる時は落ち着かないようです。

周りがみても美しい所作。自分の動きを最後まで見る。
例えきびきび動いたとしても、そこには優しい穏やかな気持ちもついてくるのかなと感じます。


仕事中でも「いつでもリラックス」を目指す

やることをやる。それからのんびりとリラックスをしたい。
そう思っていたので、これは目からウロコでした。

仕事や家事をしながらでも、人はいつでもリラックスできます。

今を楽しみながらこなしていく。
それが家事でも仕事でも。
今を生きること、集中することでリラックスしながら作業できるのですね。


しんどい気遣いは、いますぐやめる

変に気を遣うことがあります。
マイペース過ぎて、気の遣い方の方向性が間違っていることが多々あり(汗)

著者は、日本人は優しい気質なので余計な気遣いをしがちとフォローしてくれています。
そんな著者が唯一相手に気遣いを見せる所は、「相手の時間」だそうです。
相手の気持ちはコロコロ変わるもの。
待ち合わせ時間など、有限な相手の「時間を奪わないこと」だけは気遣う。
それ以外の細かいことは気にしない。
なんだかそれって救われませんか。


ぼーっとする練習

何もしないぼーっとする練習。
周りの音が聞こえ、景色も見える。
1日のうち、きまった時間などに過ごしてみる。
その自分を認めて、楽しむ時間。

それは、心に余裕があった頃にしていた時間でした。
そんな時間も大切にしていこう。


本「自分を休ませる練習」を読んで

この本の中のほんの一部を切り取って感じたことを書いてみました。
*もっと書きたいことがありましたが、全部まとめてしまうのでこの辺で。
何度も読んで、少しずつ自分に浸透させていきたい。

自分を休ませたい。
ON・OFFの切り替えをしたい、でもできない。
そんな人にきっと心に響く言葉が溢れてくる。
優しい気持ちになれる本です。

一緒に、「自分を休ませる練習」をしてみませんか?

↓ 私の「ゆとり時間」のカテゴリを見る!


続きはこちら





この年末年始は、ゆっくりと過ごしています。
行動範囲は広いけれど、時間にゆとりがありました。
大掃除もしなかったし、お節も作らず。
それでも、お節をいただいたり、おいしい海産物も食べられたし。
お正月らしく過ごせました。

image
玄関の棚に飾っている花と鏡餅。
鏡餅は、近所の和菓子店で作ったものです。
素朴でなんだか温かい。

image
自分で選んだ花もきれいに咲き始めました。
まだまだ楽しめそうで嬉しい!

自分に余裕があれば、周りにも優しくなれる。
そんな1年になりますように^^
*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


image


先月、初めて参加したライブドアブログ大忘年会
そこで、たくさんの素敵な方と出会いました。
2次会にも誘われて、ライフスタイルカテゴリの人気ブロガーさんともつながり、夢のよう!
その中で書籍を出版されたまどなおさんの本を読んでみました♪

↓ このブログの更新をLINEで受け取れます。
たくさんの読者登録ありがとうございます!


本『アイデアノートで普通の部屋がなぜか可愛くなる』を読んで、居心地がいい部屋の秘密を知った

image
シンプルだけど、洗練されていて温かみもある、北欧風インテリアのまどなおさんのおうち。
なんと、うちと同じ建売住宅とは思えない!
インテリア系ブログが眩しい今日この頃。。。
その秘密を覗いてみました♪

↓ まどなおさんのシンプル北欧風のおうちです♪


部屋がすっきり可愛くなる まどなお流 ちょこっとアイデア

image
帯表紙に描かれているまどなおさんの絵。
イラストレーターのような絵。
本人が描いていると知ってびっくりしました!
いつも、棚や壁、間取りや家具などを描いているうちに、センスよく見える可愛い雑貨の並び方の法則をつかんだそうです。

季節に合わせてちょこっと模様替え。雑貨の飾り方などすぐに真似できそうなことがいっぱいで絵も多くわかりやすくまとめられています。

その法則を私はこの本を真似だけすればいいと気づいてしまった。。。

見るだけで気分が上がる空間づくりのススメ

小さいお子さんのいるまどなおさん。
おもちゃ部屋の壁の飾りつけなど、北欧風で可愛いアイデアに私までときめいてしまいました。
子供のおもちゃだけではなくて、服などの収納方法も綴られています。

うちの娘21歳ですが、誕生日に部屋の飾りつけしたくなってしまいました。。。

すっきり収納は「なぜか可愛い」への最短距離

みえないところもすっきりが大事!
そう書かれていました。
見えるところをきれいにしたら、見えないところも気になってくる

収納もまどなおさんの絵が描かれ見やすくなっています。
家中の収納の秘密をしっかりと見ることができ、とても参考になりました。

買ってよかったお役立ちグッズ事典

まどなおさんの買い物ルールは「とりあえず」で買わない。
とりあえずで買ったものは結局後悔や失敗を生むことが多いものです。

センスの良いまどなおさんの、家具や雑貨、キッチングッズのアレンジ使い必見です!


ノートに書くことでイメージを整理する

今まで、思考や収納などのアイデアをノートに乱雑に書いていました。

私にはまどなおさんのような素敵な絵を描けないけれど、思考や物事だけではなくて収納やインテリアを整理していくのはとてもわかりやすいし、自分で見てもわかりやすいですよね。
今度から可愛く書いてみようかな~と思いました。

絵や写真が多いので、忙しい方にもサッと何度も眺めたくなる本でしたよ!
雑貨の飾り方がわからない、シンプルな部屋にも飽きた、子供がいてもすっきりな暮らしを送りたい、そんな方に特におススメしたい本です^^

このインテリアのような雰囲気のまどなおさんにお会いできて本当に良かったです♪

にほんブログ村テーマ
北欧風ナチュラルインテリアを目指して

すっきり暮らす

image
ボク、ガッチャン!
ママのブルーライトカットメガネ似合うかな?
・・・寝起きなので、されるがまま。。。
きょうのにゃんこ🐾

*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチ、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


シンプルに暮らすための実践する内容の本をよく見かけます。
この本は、1日10時間働きつめた著者がシンプルライフをめざしてたどり着いた、心からアプローチしたい83の感情整理術を載せています。

その中で、私がぜひ取り入れたい10のことを綴ってみたいと思います!

*この記事は、(誤って)下書きに戻したものを改めて更新したものです。

本「こころのシンプルライフ」から取り入れたい感情整理術10のこと

image
著者はアメリカ在住のエレイン・セントジェイムズ。

不動産投資家として、1日10時間以上働く生活を長年続けたのち、生活をシンプルにすることを決意。シンプルライフ実践家として全米で講演するかたわら、本を執筆。著書に「素敵な暮らしのダイエット」「人生を複雑にしない100の方法」他がある。

この「こころのシンプルライフ」は83の方法が載っていて、難易度別に6つに分かれています。
その中から私がこれは!と気になったものをあげていきたいと思います。

1.「受けとる」ことを知る

何かをし終わったら、その達成感をゆっくりと味わう。
褒められたら流すのではなくてしっかりと受け止める。
食事や運動後も、同じように満足感や達成感を1つ1つ感じ受け止める。

つい、1日にどれほど達成したことを数えてしまうけれど、その気持ちを受け止める行為をしないと、いつまでも現状に満足できないのかも。

2.いま、この瞬間を味わおう

未来に向けての過程、今を楽しむことは大切です。
料理1つにとっても食べるためだけではなくて、作る過程も楽しんだ方が気持ちも弾みます。

3.いらないものを見つけよう

モノもそうだけど、必要ではない事柄。好きではないこと。
やりたいことも大切だけど、同じようにやらないという選択が実はシンプルライフへの1番の近道なのかもしれません。

4.いま、この瞬間を楽しもう

精神生活をシンプルにするのは、つまるところ、いま現在の瞬間を幸せに生きることができるようにするためである。

5.助けを求めよう

人に頼むことが苦手です。
自分でやった方が早いということもあるけれど。
人間誰でも人の助けが必要な時には、人に助けを求めていい。その時には、誰に助けを求めればいいのかが重要だそう!

6.他人から学ぶこと

苦手な人から学ぶことを書いてあります。
関りを断つ前に、相手から何か学ぶことがあるのではないか。
どうしてその行為に対していらだつのか考えてみよう。
その理由を理解し、自分の変える所は変え、これからもそうしていくように・・・という自分自身を変えていくことの大切さを書いてあります。
つい、フタをしがちな部分を丁寧に分析していくことが重要です。

7.1日を振り返ろう

本は睡眠に深く影響するので読まずに、1日の最後はその日をざっと振り返ることの大切さを書いてあります。

8.きちんとノーを言おう

例えば、気の進まない誘いに参加すると休日がつぶれるだけではなくて、準備で前日がつぶれたり、数日間気持ちを引きずることもあるという話を例に出していました。
予定の数時間が犠牲になるわけではないのですね。

9.感謝の気持ちを忘れない

感謝の念を持てば、さらに感謝の気持ちが湧いてくる。

10.考える時間を持とう

心をシンプルにしたいのなら、定期的に、できれば毎日でも考える時間を持つことによって、自分の問題の解決策を見つけることができる。
自分の心のかじ取りをできる効果的な方法です。





まとめ

ミニマムやシンプルな暮らしは、結局のところ、精神論に行きつくのかもしれません。
全部ではなく、いくつかを実践していくことがおススメだとか。

著者はヨガを取り入れているので、呼吸法も書かれていました。
呼吸も心とつながっているのですね、きっと!

83のうちから気になる10個を選んでみました。
簡単なようで難しい。難しいようで実は簡単な気も。
「今を大切にしていくこと」「自分と向き合う時間を持ちこと」でこの10個を叶えていこうと思います!!

関連記事

‣シンプルライフの本の記事はこちらから
‣時間の使い方の記事はこちらから


*****
image
今日の娘のパン弁当♪
ちょっとハードちっくなパンを2種!
・バジル&クリームチーズ(奥)
・焼肉パン(手前)
杏ジャムと醤油、少量のバルサミコ酢で味付けした豚肉ソテーを中に入れました。
テキトーに作ってみましたが、これ、おいしい!
娘、感激してくれました^^

*ランキングに参加しています*
↓ 読み終わりましたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪




時間のことについて書いた記事を読むのが大好きです。
会う人に、どんな時間の使い方をしているのか聞いてみるのも好きです。

時間の使い方を考えることが好き。
裏を返せば、時間の使い方が下手・・・ということなんだと思います。

今をときめく、ブログやインスタで活躍する6名の時間の使い方や片づけなどを垣間見ることができる本が出版されたので、早速読んでみました。

本『わたしの「家じかん」ルール』を読んで

image
交流のある、ブログ『Rinのシンプルライフ』のRinさんが宣伝していたので、ネットで予約していました。
他にも大好きなブロガーさんたちが出ているのが嬉しいです。読んでます!

この本は、家時間の過ごし方を書いているのね~と思っていたら、かなり深い内容となっています。
その中で、私がこれは!と思ったことを書き綴ってみたいと思います。


家事じかんのルール

6名の1日のスケジュールが書いてあります。
家事や、料理、洗濯、片づけなど、それぞれのポイントを押さえた過ごし方に圧倒されます。
ライフスタイルもそれぞれ違うので、それを参考に自分と比較出来ることがこの本の良いところです。
料理に力を入れている人、簡単にしたいから平日は1品作るだけ。洋服の管理と選び方。掃除の仕方のパターンなど。
後々大変にならないように、日々の生活に組み込んでいくアイディアはとても参考になります!
ブログ『良品生活』のmujikko-rieさん「整っている感を演出する」に共感してしまいました。それ大事ですよね!
無印良品の収納も美しくて素敵でした^^

ここの章だけで本の半分以上を使っています。
タイトルを見た時に、この部分くらいの内容かなと思っていたら違いました。
想像以上に読み応えあります。


ひとり時間のルール

ひとり時間があるか、ないかで心のゆとりが違ってきます。
子育て中やフル勤務の方も、その時間を確保するために、常日頃からやりたいことをリスト化しておく。いつもしていることに特別感を演出したり、その人らしい方法で過ごしていることがわかります。

うちの子供たちも大学4年生。一人時間も自分の調整で取れるようになりました。
子供が巣立ったRinさん『静と動の時間で心と体もバランスよく過ごす』という文にハットしました。
やること・やりたいことばかりではなく、心からゆっくりする時間も大切なのだと気づくことができました。


家族じかんのルール

忙しい毎日を過ごしていると、本当は大事にしたい家族のことが、家事よりも後回しになりがちです。
今は子供たち(家族)を優先するという潔い考えの尾崎さんの考えも目からウロコでした。どっちも!とつい欲張ってしまいがちですが、こういう風に考えると自分自身が周りに優しい気持ちで接することができますね。


暮らしの年間スケジュール

それぞれの年間スケジュールの管理の仕方、家族との共有の仕方も興味深いです。
書きだしてみると、新しく見えてくることもあります。


時間のON・OFFが大事

時間の達人主婦たちは、家しごとと自分時間の切り替えが上手なのだと思いました。
ずっと掃除をしているわけでもなく、メリハリをつけているようです。
そして、そこまで行きつくまでに、家の中を整えて、料理の自分らしいパターンを持っていて、自分時間もこま切れでも大事にしているんですね。

先日お会いしたばかりのRinさんに、時間の使い方を尋ねたら「ON・OFFが大事」と言われました。
「ON・OFF」「動・静」を考えて過ごすだけで、ゆとりある時間が生まれてくるのだと思います。



時間を制する者は家事も制す

片付けや断捨離をしたら、時間やゆとりが増える。
ゆとり時間を増やしたいから、家事の時間も決める。
それぞれのライフスタイル×自分の性格を考えて、マネしたいアイディアがいっぱいです。

この本の冒頭に書かれた、6つの事柄がとても心の響きます。
*書きませんので、本を読んでください!
どの章の前にも、ブロガーさんとは別に時間の使い方・改善の仕方のやり方やまとめが書いてあり、わかりやすいのです。
暮らしの本はほとんど読んだから、と思っている方にもぜひ読んでもらいたい本です。
私もがんばりすぎずに、暮らしを回していきたいと思います!

*****
image
ハワイのハーブティーとチョコで紅茶時間♪
今朝のひとり時間に。
先日、お会いしたあゆみんさんのハワイ土産を眺めて、食べて、ハワイ気分に浸りました!
元気チャージ!今日も笑顔で過ごせそうです^^

*ランキングに参加しています*
↓ 読みましたらこちらをポチっとしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪



暮らしの本は色々出ているけれど、昔から愛読していてファンなのは、金子由紀子さんです。
なぜなら、ユキコだから?
それもきっかけではあるけれど。
*しかも私と同じ漢字だからなおさらではありますが。

文学部卒で出版社勤務を経ているせいか、読みやすくわかりやすい。
今までの(お仕事で)幅広い方との交流から見える暮らしへの考え方も好きです。
そして、元々暮らし方がどこか似ているような気がして(図々しい)共感を持てて参考にしています。
この夏に出版された『ちょうどいい暮らし』を読んでみました。

『ちょうどいい暮らし』を呼んで、自分サイズの心地よさを考える

image

総合情報サイトAll About「シンプルライフ」のガイドとして活躍中です。
子ども2人のお母さんでもあります。
私もずっと、「ちょうどいい暮らし」を模索しています。
まだ道半ばですが、とっても楽しいですよ。だって、私のためにあるわけじゃないこの世界を、隅っこからこっそり、自分仕様にしてしまおうとしているんですから。
誰にも気づかれずに、この世界一地味な世界征服を、ご一緒にいかがですか?
(「はじめに」から抜粋)
私も一緒に、自分仕様で地味な世界征服計画に参加させてもらいます!

第1章「素敵な暮らし」って何?

素敵な暮らしぶりが投稿されるSNSで疲弊していませんか?
実際は、普段の暮らしの一瞬を切り取った写真なのですが、ずっとそんな素敵な暮らしをしている人はほぼいないのではないでしょうか。

帯表紙に「幸せになりたいですか?それとも、幸せにみられたいですか?」と書かれていますが、幸せにみられるために頑張っている人もいるのかなとふと考えたりしました。

「ちょうどいい暮らしのススメ」と題して、素敵な暮らしをしたいのなら素敵な暮らしになるような「行動」が必要と書かれていました。
ちょうどいいは、今のままでいいではなくて、そのちょっと先をいく自分軸の幸せな暮らしなのですね。

そして、「今いる自分、今住んでいるこの家、今持っているもの、今ある技術」だけでできるところから、理想の暮らしをはじめてみようと書いてあります。

まずは、今の自分をまるごと認めて、ちょうどいい自分仕様の幸せなくらしをめざすということです!


第2章 「普通のごはん」のレベルとは

日本人の料理のレベルのはとても高いですね。
キャラ弁などは海外でも驚きの声が上がっています。

私にはそこまでの調理能力もないし、私がお弁当に求めるのは、美しさではなくて「作りやすく、食べやすく、汁もれしない(←大事)」なことだからです。(抜粋)

大笑いしてしまいました!その通りです。
私はパンを焼くので、その研究(練習)のために作ったりしていますが、きっと娘は焼き肉丼などのおやじ弁当を食べたいだろうな~と思ったりしています。(たまには作ろう!)

「おなかと心が満たされ、生きる活力となること」
本来、食はシンプルな事だったのですね。

シンプルな台所道具と食品管理、収納などが挿絵と共に書かれていて、とてもわかりやすいです。
また、知っておくと便利な時短レシピも載っていて、本当にシンプルな考え方とレシピで心が軽やかになりました。


第3章 居心地のいい家の作り方

目指すは、「こざっぱり」が続く暮らし

片付けの優先順位5つが書かれています。
ポイントを押さえれば、ずいぶんと家の中も違って見えると納得しました。
ため込まないシステムや、暮らしやすい家にするための収納のコツなど。
どこか私のざっくり収納を連想させる感じがまたツボです!

家族にも「ちょうどいい暮らし」というページが特に心に響きました。
自分自身がモノを減らしたいからと、家族が疲弊するのは避けたいものです。

年頃の女の子は、自分好みのシャンプーを使いたがるものです。
私自身もそうだったので、我が家も娘のシャンプーが別にあります。
家族皆同じでもいいけれど、それに全部従ってしまう子の方が心配になってしまいませんか?(本人が本当にそれでいいのなら別ですが)

皆が暮らしやすい家になるように、着地点を見つける、折り合いをつけることが大事だということに納得しました。

第4章 ちょうどいいクローゼットに変えよう

「いつも同じ服でいいじゃない」と金子さんは言われています。
私もいつも同じです(!)
とても落ち着くし、似合っているし、クローゼットもすっきりしていて気持ちいいものです。

「ちょうどいいクローゼットの作り方」で、シチュエーション別のお出かけの服も用意しておきましょうとのことです。
最近、お出かけ用の服を最小限用意するようにしています。
やはり、予定近くなってから慌てないように、自分に似合っている服でお出かけすることはとても気持ちいいものですから。
表もあり、自分計画を立てるページもあるのでお勧めです!

第5章 人付き合いも、ちょうどよく


「誰とでも仲良く」はムリ!と書かれています。
だいたいの人とそれなりに話せたりするので、後で、疲弊することもあります。
人付き合いは頑張らなくてもいいのですね。

「関係が濃くなったら、薄める」距離感はとても大切です。
大きな集団での身の置き方も書かれていて、幼稚園や学校などの人付き合いのコツや離れ方などもわかりやすく書かれています。

自分自身の性格を知っておくと対処のコツなどもわかりやすいかもしれません。

↓ 性格判断もお勧めです!



ちょうどいい暮らしとは

ちょうどいい暮らしとは、自分が自分らしくいられて、自分に満足できる幸せな日々を送れることなのだと思います。
毎日のちょっとした嬉しい事、ホッとしたことなどが、笑顔を作って穏やかに生きていける。
それが周りに連鎖していって、ちょうどいい暮らしは作られるのかなと感じました。
一緒に、自分仕様で地味な世界征服計画に参加してみませんか?

*****
image
読書好きな娘からお勧めされたので読み始めました。
まだ少しだけなのに、がっしりと心つかまれました。
読書っていいですね!

*ランキングに参加しています*
↓ 読み終わりましたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪





ブログ『cozy nest 小さく整う暮らし』のオズ(尾崎友吏子)さん・著『ミニマリストの持ちもの帖』を読みました。

本や雑誌、テレビの特集などでメディアに出られているオズさんのブログは、実は毎回しっかりとチェックしています。
なぜなら、文章に無駄がなく、独特な切り口でわかりやすくミニマムな暮らしについて語ってくれるからです。
私好みでもあるインテリアは、シンプルな部屋で風通しよく、見ていて気持ちよいものです。


本『ミニマリストの持ちもの帖』を読んで

image
まず、この本を手に取って、この装丁の美しさにほれぼれしました。
絵は、可愛らしさもあるシックなデザイン。
汚れをはじくような素材で日焼けもしなさそう。
よく考えられているとしばらくじっと見つめてしまいました。

オズさんが結婚してから20年。
日本の「道具(ツール)」と飽和状態になってる今。
それを解消するミニマリズムというツールで、機能的×効率的=愛着を持つという図式の持ちものの定義を垣間見ることのできる本になっています。

1.台所用品

育ち盛りの男の子3人の5人家族。
食器もシンプルで良いものを厳選して選んでいます。

水筒は11個ですが、たしかミニバスをやられておるお子さんがいると思います。
うちも下の子がミニバスをしていたので、よくわかります。必要な数です!

オズさんもお子さんもお茶を飲む時間を大事にしているのが伝わってきます。
何がなんでも少ない方がいいではないところがとても共感が持てます。

2.住用品

オズさんの包丁と鍋セットがとても機能的で好きです。
どちらも20年愛用していて、大事に使っているのが伝わってきます。

作りおきおかずを入れる容器がとても多いです。
デザインや大きさが統一されていることで冷蔵庫を開けるたびにシアワセな気持ちに浸りそうです。
お子さんが食べ盛りだから、必要なものは買うという姿勢も大事だと思いました。

家具もシンプルなものを場所を変えて使っていく。
キッチンや家電も吟味していく。とことん妥協しない。
モノ選びが最初からぶれていないので、いいものを長く愛用している姿勢を感じます!

3.衣類

結婚前は400着以上の服を持っていたというのは有名な話。(私の中で)
自分のスタイルを決めて、今着るものだけを持つ。大事に使い切る。
クローゼットの中が色であふれていなくてとても美しい。
下着や寝具までのこだわりを知ることができる章になっていて、なんども眺めたいところです。

4.家族のもの

防災関係、思い出の品の持ちものの章です。
防災関係をこんなにもきちんと選んで管理しているのを私は見たことがありません。
家族がみてもわかりやすく整えられています。
思い出の品も、なんでも捨ててしまうということもなく、大事に向き合っていることがわかります

5.その他

祖母の足踏みミシンをメインテンスもして大事に使われています。(70年ほどの品)
ハンガーのひと手間から、化粧用品、ストック用品など、どれも管理しやすく使いやすい。

私もこのハンガーの使いやすくするアイディアが気になっていました。
やっぱり、うちでも取り入れたいと思います!



おわりに

この本は、5人家族のミニマリストの持ちものではありますが、必要なモノはもつ。モノを選ぶときは吟味する。長く愛用する。ということがよく伝わってきます
これから家族を持つ方にも、モノ選びを迷う夫婦にも、ぜひとも読んでいただきたい本です。
今までとは違って、文字より圧倒的に絵が多いのでパラパラと眺めることもできます。写真が見たいなと感じたなら、以前の本と比べてみるのも良さそうです!

オズさん、良い本をありがとうございました^^



*****
image
今日の娘のパン弁当♪
先週作ったピタでサンドを作りました!(冷凍しておきました)
Rinさんからもらった素でタンドリーチキンとポテトサラダの2種類。
これにスープと紅茶を添えました^^


↓ この本を読んでみたい!お弁当おいしそう!と思ったら
こちらの写真をポチンと押してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
↓ こちらもよろしくお願いします♪


紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

昨日は往復2時間電車に揺られてお出かけしました。(結局3時間強でした・・・汗)

そんな時は本を読むのに限ります。スマホもいいけれど目が疲れるので

沖幸子さん著『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』の掃除の章から、記事にしたいと思います。


タオル1枚で掃除上手*本『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』を読んで 

バッグに入れられる大きさの文庫本の中から、こちらの本を購入しました。

もう数年でそんなお年頃に突入するので、早めに対策をと読むことにしました。

幸子さん流*年を重ねても体がつらくならないそうじのコツ

沖さんは、元々掃除嫌いでしたが、ドイツで暮らした経験をして、掃除サービスを始めた経歴の持ち主です。

この文庫の帯には「NHKあさいちに出演で話題!」と書かれていました。

その掃除のコツとは、「タオル」で拭き掃除するということでした。

  • 道具や洗剤はシンプルに
  • 汚れる前にさっと拭き掃除「汚れの引き算」
  • 同じ動作を「同時に」「長時間」しない:5分で取れない汚れはそれ以上やってもとれない
  • そうじの時間と場所を決める

沖さんの行っている自宅の掃除方法は

毎日の我が家のそうじは、「拭くだけ」。

床は、週に1度、5分の時間を見つけ、気になる場所だけ、掃除機をかけたり拭くだけです。

毎日、タオルでちょこちょこと家事のついでに拭いているおかげで、汚れを未然に防ぎ、きちんとした掃除時間を改めて確保することなく、きれいに保てるのですね。画期的です!


のタオル(雑巾)は無印良品

f:id:yukiko_tea:20170417105009j:plain 

▶無印良品のオーガニックコットン混その次があるやわらかフェイスタオル

こちらが私の雑巾です。

使い終わった「無印良品のオーガニックコットン混その次があるやわらかフェイスタオル」をカットして雑巾にしています。

 

f:id:yukiko_tea:20170417105015j:image

洗面所のクローゼットの上段の白いカゴにいれています。

 

f:id:yukiko_tea:20170417105021j:image

洗濯洗剤と一緒にざっくり収納。

計4枚あって、1枚は月曜朝にする床の拭き掃除をした後で、ベランダに干しています。

今まで、ダスキンもあるし、マメに拭き掃除はしていなかったととても反省しました。風呂掃除の後に、水気を拭き取る、洗濯前のタオルで洗面所の鏡や棚を拭く、その程度はしていたのですが。

もっとこのタオル(雑巾)を活躍させようと思いました。

 

おわりに

年を重ねて体がつらくならない掃除とは、実は若いうちに身に着けておくと日々の暮らしも楽に気持ちよく過ごせる魔法のコツではないでしょうか!

時間も生み出しますよね。

この本は、3部構成になっています。

  • 住まいの汚れの引き算
  • 暮らしのモノに溢れる引き算
  • 心の足し算

まだまだ、お若い方にもぜひとも読んで欲しいお勧め本です!

 

合わせて読みたい記事

 

  ☕Tea Time*

  f:id:yukiko_tea:20170417121635j:image

先日のオフ会でblancさんにいただいた紀伊国屋のドイツパンで紅茶時間♪

・・・朝食風景です!

ドイツパン、半分食べました。

残りは夜に赤ワインと一緒にいただこうと思います。

ごちそうさまでした^^

▼応援クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
▼ブログの更新を受け取れます♪


▼インスタはじめました♪
a4c67dcc941b6aff6173316175a75819

▼お気に入りのモノをまとめました♪
IMG_3695 - コピー

 

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

子供の頃から、部屋やモノはシンプルに整えていました。母はモノの管理ができませんでした

ミニマリストも流行り、時代が私に追いついてきたのねなんて笑っていましたが(ミニマリストにはなれません)、やっぱり私は私らしく、丁寧なシンプルな暮らしが好きなんだと実感しました。

そういう本を読むと心もほんわか優しい気持ちになれます。

今日は、最近のお気に入りの坂井より子さんの本から感じることを書き連ねてみたいと思います。

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

『小さな家』というコンセプトの、家の間取り・家具・すっきりした暮らし・私の好きなテイストの家がたくさん掲載されている本『小さな家に暮らしたい』は私の好きな本の1つです。

建売住宅に引っ越してから出会った本なので間取りなど真似することができないものが多いけれど、たまに引っ張り出しては眺めています。

そんな写真の中に、7ページほどイギリス人の暮らしや家のことを研究している井形慶子さんの記事が載っていて、なるほどと考えさせられます。その部分を書いていきたいと思います。