ゆとりあるシンプルな暮らし

夫と子供2人、犬ネコと暮らす、紅茶好きなシンプリスト。 小さな建売住宅で、心地よい“シンプルな暮らし”を追求しています♪ ただ今、人生の棚卸中!

タグ:実家の片付け

先日、北海道の実家へ帰省しました。

↓ 恒例のお片付け!


実は、密閉容器も整理してきました。


【実家の片付け】密閉容器のフタがなくなる問題

FullSizeRender

毎回帰省するたびに、密閉容器の全出しと整理をしています。

なぜなら・・・
密閉容器のフタがなくなっているから!!
密閉容器の本体がなくなっているのかな?

母が一生懸命たくさんの本体をフタを合わせているのを観察してみてると
まるでジグソーパズルのピースを合わせているよう!
・・・これを毎日やっているのかな、それは大変そう。

例年のようにフタがない容器を処分をして
新たに買い足したとしても来年も同様のことをすると思いました。


密閉容器のフタ、なくなるはずがない!

FullSizeRender
今、愛用している密閉容器は22年以上使っています。
フタなくなったことないけれど!

使ったら、洗って、拭いて、フタをして、しまうから。
使う時にすぐ使えるようにいつもスタンバイしています♪
その前の密閉容器も、重ねられるタイプではなかったのでそうしていました。

いつも、同じメーカーで揃えていたので
本体とフタを合わすことにストレスなし。

使いにくいものは思い切って処分したし(ポンプで酸素を抜くタイプ)
食べ物をおすそ分けしてもらった時の容器は、次に会う時に返すか処分していました。

使わないものは、即効処分していました。


密閉容器のフタがなくなる対策は!

実家の密閉容器のフタがなくなるので、なくならないシステム作りを考えてみました♪
私が考えた、密閉容器のフタ合わせに無駄に時間を掛けない方法は!

密閉容器を使わないなら
・食器+ラップのみにする
・食器+シリコン製のフタにする
・食器+皿でフタをする
・食べきる
・ラップの要らない冷蔵庫を導入
・ジップロックを導入

密閉容器を使うなら・・・
・しまうときにフタもセット
・密閉容器とフタをホーロー(もしくは陶器)にする←それでもなくなる?


うちの母は、ラップがくっつくとはがせないことが多いので
まずはシリコン製のフタか小皿方式を電話でお勧めしようかな。
・・・ずっと毎日、パズルのピース合わせをしていると思うと切ないので。。。

↓ 全力でお勧めはしていませんが、使いやすいです!場所は取る。。。


↓ 収納場所はここ!

↓ 買ってから30年。使いだして28年経ちました。なくなったことはありません♪


さて、明日は私の誕生日!ドキドキ!

↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

▼クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
▼登録してくださると嬉しいです♪


▼お気に入りをまとめました♪
IMG_0522 - コピー (4)

image

 
  

昨夜、北海道の帰省から帰ってきました。
1日半、集中的に片付けてきました♪

今まで、子供の頃からずっと実家の片付けをしていました。
↓ もうやめよう宣言の記事


↓ 実家を「片付けない宣言」をしたら、片付けていた話。


・・・とはいえ、一時的だということはお見通し!
今年は、はじめて空港でレンタカーを借りて帰省。(2時間半以上かかる)
実家片付けを1日集中して頑張ることにしました。


【実家の片付け】やっぱり全出しの効果は絶大だった

c7a2a5805725caa4fa16b1d56c6b51c0_m
母は、70代半ば。
片付けることが苦手なタイプ。
ある理由により、大きな家から小さな家に全部の荷物を持ち込んだので
さらに足の踏み場がない状態です。


今までの「実家片付け」

今までは、モノの要る要らないをしていたけれど、
次の帰省には元通り。

元に戻らない片づけをしないと意味がない!

そこで、効果があったのは、本棚の整理。
古い百科事典を処分。さすがに買い足しはありません。

食器の処分もしたけれど、また買っていました。
しかも中古で、景品の食器を(泣)

そして・・・今年は!

鍋の「全出し」をしてみた!

気になっていた棚の鍋を全出しすることにしました。
「どれも使っている」ということだったけれど
全部並べてみたら
・鍋の数が多いということに気付いた(数は20個)
・あることさえ忘れていた鍋があった
・使えない鍋もしまっていた

本人が11個の鍋を選び、あとは処分することに。
棚に並べたら、見た目もすっきり
選びやすく取り出しやすくなって喜んでいました。

さらに!
食器棚が離れたところにあったのが気になっていたので
鍋を置いていた空いた棚に、よく使う食器を置くことに。
離れた食器棚に毎食出し入れするのは「足元が危ない」から
毎回使う食器は近くに置いておくと安心

どちらも使い勝手に感激してくれたのでよかった。

これを1日目の夜に片付けました。


服の「全出し」をしてみた!

服もお願いされて着手することに。
タンスに入らない服のみを全出ししてみました。
・・・とんでもない量でした。。。

本人に任せてみたら
右から左に畳んでしまうという不思議な現象が!

「傷んだ部分はないか」「シミや汚れはないか」「デザインがおかしくないか」
1枚1枚一緒にチェックして出したゴミ袋は20袋以上!
*まだまだあります(泣)*
*高齢の場合、穴や汚れが本人に見えない(気づかない)*

合間をみつつ、半畳の開かずの物置のモノを全出しして、
全てをごみ搬入をしました。。。

これが2日目の片付けです。


親の片付け「全出しの効果」と「心に響く声掛け」

片付けできないレベルを超えた、実家の片付けをしてきました。
恐ろしくて写真は撮れません。載せられません。

平日の2日間で、片付けは強制終了しました。
そのゴミの量は、後部座席と荷台を満杯にして3回分ほど。
ごみ搬入は土日は休み。新たなゴミ袋を置く場所もないから。
1日半の作業分の片付けは進んだということで・・・納得することに。


全出ししてみたら、モノの量の多さに本人も圧倒されていました。
そして、高齢の母には、「足元危ないから」「ラクになるよ」というキーワードが心に響くようです!
次回の片付けの計画をシチュエーションしなければ。

3日目は、ランチに連れて行きましたのでご安心ください♪






IMG_3453
六花亭の霜だたみで紅茶時間♪
これ、見た目も味も大好きなんです!
六’cafeで友人から詰め合わせをいただきました^^

↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

▼クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
▼登録してくださると嬉しいです♪


▼お気に入りをまとめました♪
IMG_0522 - コピー (4)

 
 

もう(実家の)片付けはしないから。
そう母に伝えたのが数ヶ月前。
そして、今、帰省しています。





実家の片づけをしない、その後に起こったこと

1941e7c76da5f77bdc96e99095f81c6c_m

実家は片付いていた

恐るおそる(!)実家に帰ったら、キッチン床の部分が何もない状態できれいになっていました。
窓もきれいに拭いているのがわかりました。
テーブルの上も、最小限のモノだけおいてすっきりしていました。

私「片づけたんだね。窓も磨いているし」
母「わかった?頑張ったんだよ(笑顔)」



手料理も頑張って作ってくれていた

テーブルには、山盛りの手作りの串カツ。(私の好きなヒレ肉入り)
それに焼き魚(ホッケ)に野菜料理や漬物まで。

相当な時間を掛けて用意したのがわかりました。
それだけではなくて、昔から大好きだった食器に盛り付けていました。
料理も、テレビで覚えたレシピで作ったようで、おいしい!



片付けをしない代わりにしていること

気になる部屋や場所はもちろんたくさんあるけれど、それはそれ、これはこれ。
母は一生懸命、片づけたんです。

ゆっくりと笑顔で話をする時間ができました。
もちろん、明日からのお出かけ計画も楽しみにしてくれています^^

母が「帰省してくれたのに片付けばかりさせて悪いから」と言っていました。
少し、きつい物言いだったかもしれません。反省。。。

そして、「きれいになったね、おいしいね、って言われて嬉しい」と笑っていました。
・・・母も褒められると伸びるタイプなのかも!



実家の片づけをやめたら、片付いてきた

「片付けはしない」と娘が宣言したら、母が片付け・掃除を始めた話でした。
片付けで辛い帰省になるよりも、今を楽しく過ごすことを優先したらこうなりました。

実家は、小さな借家。
モノが整理されていなくて、モノがあふれているように見えても、一般的な実家のモノよりは少なめかもしれません。

片付けていたのはリビングとキッチン。
とりあえずモノは棚や引き出しに収まっている状態になっていました。

整理整頓も掃除もまだ始まったばかり。
頼まれたら一緒にするスタンスでいよう。
冷蔵庫の掃除をしたら、少しモノの管理がわかってきたようです。

親が自主的にやろうと思った時が、片づけどき。(うちの場合)
親の片付けのペースを見守ろうと思います!
 


IMG_3067
帰省すると、母が必ず食べに連れて行ってくれる海鮮丼♪
旬のイカとツブ貝が乗っています。

当時の給食のカレーにはお肉ではなくツブ貝が入っていました。
初めてツブ貝が入ったカレーはたくさん残ったので、2回目からはミキサーで細かくなっていましたが(笑)
なかなか関東では食べられないので楽しみにしています^^

↓ 私の好きなトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷無印良品の収納 - MUJI -

すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

↓ 私が管理しているトラコミュです♪
にほんブログ村テーマ
▷AfternoonTeaのある暮らし


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

*LINE読者登録2400人超えました*
↓ いつもお読みいただきありがとうございます♪感謝感激!





image

今まで物心ついてから、片づけられない母の代わりに片付けをしてきました。
実家を離れてからは帰省のたびに、掃除に片付け、断捨離。

そして、家に戻ってから(帰る道中で)発熱など体調を崩す、というのがお決まりのパターン。
もう、実家の片づけは卒業しよう。


実家の片づけはもうしない

1941e7c76da5f77bdc96e99095f81c6c_m

実家を片づけなくては。
いつかすっきりとする日が来るはず。
誰もやらないから私がやらなくては。

今まで、実家の片づけをして、何が変わったかといえば変わっていない。
ただお互い年齢を重ねただけ。

片づけようとは思っている。
やっているよ、とはいうものの手つかずのまま。

使わないものは埋もれていって、買ったものはゴミになってそのまま。
買ってきた野菜は野菜室に入らず、部屋の中で傷んでいく。

↓ 義母は自分で断捨離をしているので、その後はその時に処理することにします。



実家の片づけで大切なこと

実家を片づける前に大切なことは

大事なものはどれか
どこに置いてあるのか
この2つを確認をしておくのが良いそうです。

何を捨てるかではなくて、何を残すのか確認しておく。

↓ Rinさんの記事で心救われました!



そして、シルバー世代に大切なのは・・・
転倒しないように足元にモノを置かないこと

この3つを確認しておくことは大事ですよね。



実家の片づけからは卒業する

実家の母に、「大事なものと場所の確認」と「通路の安全」を伝えました。
そして、「もう実家の断捨離はしない」とも。

母は「いいよ~片づけるから」と電話口でいいます。

「お母さんが亡くなったら弟に片づけてもらうから。私はそんなにやれないから。」と伝えたら
母は無言になりました。

いつも、私が何とかしてくれるとそう思っていたのでしょう。
母が片付けできないのは、私のせいでもあるんです、きっと。
もちろん、母が元々片づけられなかったことも、父からのDVで長らく精神を患っていたこともあるのでしょうが。。。


もしも母が先に亡くなったら、大事なもの以外は悩むことなく処分をする。
小さい暮らしの中であふれているだけだから、きっとすぐ終わる。
業者もいるし、町の片づけ隊のようなシステムもあるようです。
私は、もう実家の人間ではないのだから悩まない、ようにしよう。


私の、実家に帰省したらすること

実は帰省しても実家には泊まっていません。
小さな町ですが、近くにホテルができたので宿泊しています。
夫が見かねて勧めてくれました。

今年の夏は、お願いされたらお願いされたところだけお手伝いするスタンスで、エプロンとマスク・スリッパだけ持参していきます。
今まで片づけしていた時間を、レンタカーを借りて母とお出かけしよう。
楽しい思い出作りができたらいいと思います!



にほんブログ村テーマ

▷やっぱり好き MUJI 無印良品

▷すっきり暮らす

▷日々の暮らしをシンプル&豊かに

▷シンプル・ミニマルライフのファッション

▷ゆるミニマル


*ブログランキングに参加しています*
↓ 応援ポチよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ


▼登録してくださると嬉しいです♪


▼お気に入りをまとめました♪
IMG_0522 - コピー (4)

image

 

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

もうすぐ桜の季節ですね!

春と言えば、進学・就職など新生活がスタートする時期です。
そして、そのタイミングで実家(親元)を離れ、1人暮らしや寮生活へと引っ越しをすることも多いでしょう。

私が実家から出る時にした18の春。
段ボール3個分に荷物をまとめて家を出ました。向こうで必要な洗面器などもすべて含んでの荷物です。寮生活でした

その際に私がした自分の部屋のモノの荷物の整理を列記するとともに、親になって、子どもにもしてほしい事などを綴ってみます。

紅茶時間をたいせつに、ゆとりあるシンプルな暮らしをめざしています。

 

先月に帰省しました。

少しの滞在期間に、家族とお出かけするわけでもなく、ひたすら実家のモノを処分するという、悲しい現実!

そんな片づけられない母へ、すっきりした部屋のイメージを伝えたくてミニマリストの本を選びました。