先日、母が日本人形を処分しました。
↓ ↓ ↓


今回は、高齢の母が着物を処分した話です♪



実家の片付け!遠隔操作編~着物

IMG_7228




50年以上前に、母が結婚する時に親や兄が用意してくれた着物たち。
3日片付けをした時に改めて見せてもらったら
シミは付いていたけれどそれは美しかった。

親の思いやその重厚感を前にすると
今もこれからも着ないとわかっていても
処分できない気持ちがわかるなと思いました。

私自身は、着ない着物を持ち続けることに疑問を持っていたので
結婚する時にも準備しなかったし
数年前に義母から「あげるから」と言われても丁寧にお断りをしました。



着物を売りたい

実家3日片付けで「着物は要らない」と悟った母。
やはりゴミとして出すのは忍びないと思ったようで
アクセサリーをする時に着物を見せたら
「それは買えない」と言われてショックを受けていました。

値段がつかないどころか
タダでも引き取ってくれない現実!

母の気持ちに寄り添いたくて
私の方でもネットで調べて問い合わせたけれど撃沈。。。



着物を寄付したい

次は、寄付という形で母の気持ちが昇華するのでは、と考えました。

NPO法人のセカンドライフを発見しました!
シミ付きの着物も大丈夫と問い合わせで言ってもらえました。


伝票発送を依頼して
自分で箱を用意して詰め合わせて
必要な箱分を支払って
伝票を貼って集荷依頼をするだけ!

どなたかのお役に立てるシステムが家に居ながらにできるんですね。
着物や食器、雑貨、人形等寄付できるので参考にしてください!



着物を捨てる

結局、母はそれも煩わしくなったのか
いきなりゴミとして処分してしまいました。

ゴミステーションでどなたかが
着物を処分していたのを見たことが後押ししたようです。
調子もイマイチだったのも早急に手放したかった理由の1つでした。

すっきりしたと電話口で話していました^^



母もすっきりしたようです

実家の母が着物を処分した話でした。
潔かったです^^

実家の片付け遠隔操作編はこれでひとまずおしまいです。
他も遠隔操作したいことがあったけれど
それには私がやはり立ち会わないと。

70代半ばの母の時代の方は
自分が実家の片付けをしたことがない世代なのかもしれません。
誰かやってくれるだろうと。

安全に暮らしていける家にしてあげたい、と私は思っています!



↓ この方法を早く知りたかった!


↓ 大変だった3日間。
↓ 物心ついた頃から母の出しっぱなしのモノを片付けていました。

▼LINEでブログ更新が受け取れます!


すっきり暮らす
シンプルライフ
服の断捨離 ・ 整理収納
暮らしを楽しむラク家事*
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

▼応援クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

▼お気に入りをまとめました♪
IMG_3695

▼私の紅茶とパンのブログ♪
IMG_7145